関連ページ

L.B.
Kayak Station


西表島を満喫できるツアーを行なっています。


西表島フィールドニュース

今日の西表島の様子を、ガイドの視点から、写真入りでお伝えしています。毎日更新!

西表島の季節のイメージをつかむ

今の季節は、どんなでしょう?過去の西表島フィールドニュースです。旅行計画に使えるよ!

鳩間島

本日の西表島から見た海模様,空模様,お天気は?毎日更新!

天気予報
週間天気予報

八重山地方の天気予報です。


■西表島の自然図鑑2008年
■西表島の9月 その2 9月の花

■台風も過ぎ去り、西表島の自然も少しは落ち着きを取り戻しつつあります。短き姿を披露してくれていた花々も花びらを風でどこかへと飛ばしている姿もちらほら見えます。

■それでも、次に顔を出すつぼみたちが待ちくたびれたかのように、咲き誇っています。紫色の濃い花びらが特徴的なコウトウシランです。花は一まとまりで束になり、こちらを向いている様子には、力があります。

■深いジャングルにも光が一筋射したかのように目立つ、ヤブラン。トレッキングの際、どうしても目がいきます。薄紫色の花を咲かせるのが普通ですが、こうした白色の花もヒナイサーラの滝壺への道沿いで見られます。

■これでもかと派手派手なホウオウボク。名に恥じないその容姿は、見る者を圧倒する力すら感じます。沖縄の街路樹として見られ世界三大花樹として有名であります。

■森の渓流沿いで見かけるシュウカイドウ。その花の様子の通り、ベコニアの野生種であり、日本では八重山のみで見られます。コウトウ・・・、マルヤマ・・・と2種類ありいずれも、花の色や葉の形で一目瞭然です。

■花の命は短いと言いますが、短い時間をしっかり観察してあげる事が、観察者冥利につきるところがあります。

※9月に観察した花々の写真です。大きくしてご覧下さい。
No-1コウトウシラン
No-2ヤブラン
No-3ホウオウボク
No-4コウトウシュウカイドウ
No-5オオハマボウ

2008年9月20日 木下


<戻る     △西表島の自然図鑑のバックナンバーへ  次へ>