西表島のエル・ビー・カヤックステーションです。 西表島のエル・ビー・カヤックステーションです。
〒907-1541 沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116(西表島) TEL:0980-85-6660 FAX:0980-85-6678 e-mail :info@lbks.jp
L.B.コンセプトシーカヤック西表島エコツーリズム 携帯版HP←携帯にアドレスを送る
QRコードサイトマップ
八重山地方の週間天気予報 ■リンク 
西表島で遊ぶ!ガイド案内・毎日更新!LBカヤック 元気になりたいあなた、西表島自然体験がきっと特効薬になります!!
■Message
西表島
西表島の西部地区にある、エル・ビー・カヤックステーション。そこはもう北回帰線に近い。カヤックは常にメンテナンスされ、お客様との出発を待っています
エルビーカヤックステーションHP

■進水式
進水式
■お清めの塩とお神酒で、これからの航海の安全と無事を祈り、新艇カヤックの進水式を行いました。
2004年12月23日白浜港にて
■エル・ビー・カヤックステーション
エル・ビー・カヤックステーション
(有)エル・ビー・カヤックステーション
  L.B.KAYAK STATION

■ 〒907-1541
沖縄県八重山郡竹富町字上原
870-116(西表島)

■Tel: 0980-85-6660
電話受付時間:午前9時〜午後0時
          午後13時〜午後20時

■Fax 0980-85-6678(専用回線)
■ mailto:info@lbks.jp

■電話でのご予約は、日帰りツアーは前日の午後5時まで。キャンプは7日前までといたします。
■営業は、基本的に年中無休ですが、お休みの時もありますので、あらかじめお問い合わせください。


■ガイド開始1992年4月。
■有限会社設立。1996年6月。
■現在に至る。


■エル・ビー・カヤックの
今・昔

■カヤックを漕ぐと、頭がすっきりとするときがある。風や波、日差し、時には雨。様々な自然条件がある。できれば、気持ちのいい天気で漕ぎたい。でも、必ずしもそれを許してもらえないときがある。
必死で漕ぐ。そんなときは、頭の中が空っぽになって実に気持ちがいい。まあ、普段も空っぽかも知れないけど。だから、カヤックは面白いんだね!結局、自分自身との対話なんだよね。そこに気がつくと、最高にいい道具。

■2002年5月29日台湾の南海上に熱帯低気圧が発生。30日は西から南西の風が結構強く吹いた。おかげで、今シーズン最初の台風非難。1,2,3艇のカヤックがひしめいている。
避難に要した時間は約30分。このカヤックたちが、海に出て頭の中を空っぽにしてくれる。大切な相棒!
■実は、この艇庫は将来カヤックガイドができたらいいなと思うだけで作ったもの。
この艇庫を作って、本当にひょんなことからこの仕事が現実となった。しかも数ヵ月後の話。あれから、かれこれ11年になる。

■カヤックは、ロープでつるしてあるが、これを作ってくれた人達がいる。彼らは、92年の4月に発足して間もないLBにやってきて、この西表島から東京までカヤックで漕ぐと言うのだ。
■今でこそ何人かが、この快挙を繰り返しているようだが、当時のこの国では、いや今でもそうかな、信じられないことだし、考えられないことだろう。しかし、彼らは、1ヶ月かけてやりとうした。その彼らが、遠征準備期間中にLBの倉庫にカヤックをつるせるようにしてくれたのだ。そんな時代を経てきた艇庫。

■昨年でこの仕事を始めて、10年がたったが彼らのおかげでもある。陰日なたと、LBを応援してくれた。

2002年6月。中神