このページは数秒後に新しいサイトへジャンプします。

外離島シュノーケリングツアー お問い合わせはLBカヤックまでどうぞ
お問い合わせは、LBカヤックまでお気軽にどうぞ!
 西表島の船浮湾に浮かぶ外離島シーカヤック&シュノーケル
シーカヤックアイランドホッピング!外離島のサンゴがきれいなリーフでシュノーケル(5月頃から10月頃)のおすすめツアー
感動体験!西表島カヌーツアー元気になりたいあなた!西表島の自然体験がきっと特効薬になります!


...ツアーメニュー一覧
ナーラ川支流〜ジャングル・クルーズ〜
ピナイサーラの滝つぼ&星砂の浜〜カヌー&トレッキング〜
船浮湾&水落の滝〜のんびりシーカヤック〜
ナーラの滝本流〜ジャングルクルーズ&トレッキング〜
ピナイサーラの滝つぼ&滝うえ〜カヌー&トレッキング〜
ピナイサーラの滝つぼ&温泉〜カヌー&トレッキング〜
ユツンの滝〜ジャングルトレッキング〜
ゲータの滝&星砂の浜
内湾 ゴリラ岩&水落の滝〜シーカヤック&シュノーケル〜


ツアー参加手順

タイムスケジュール
08:30〜送迎
西表島にご宿泊のお客さまは宿泊先までお迎えにあがります。(西部地区)

石垣からのご参加の方は、
(夏季7月から10月まで)
石垣島発8:30分もしくは7:40分の
上原港行きにお乗り下さい。
お乗りいただく船の時間は、
前日の確認のお電話でお話します。
 
白浜港に集合・準備
↓↓↓
10:00頃
レクチャー・白浜港を出発
天気・自然状況の説明
ツアー行程の説明
パドルの使い方
カヤックの乗り降り
↓↓↓
10:30頃
内離れ島から外離島へ。
島渡シーカヤック
綺麗な青い海を進んでいきます。
↓↓↓
11:00頃
白洲到着・シュノーケル@
白洲で休憩後、レクチャーを行いシュノーケル第一ポイントへ。
↓↓↓
12:00頃
外離島へ上陸・昼食
カヤックで移動し、外離島の砂浜で昼食。ガイドが手作りの八重山そばをお作りします。
↓↓↓
13:30頃
シュノーケルAカヤックでポイントへ移動。
昼食後、休憩をしてからシュノーケルの第2ポイントへカヤックで移動。
↓↓↓
15:30頃
白浜港に到着・片づけ
ゴール!!
片づけはみんなで
協力しましょう!
↓↓↓
16:00頃
ツアー終了
西表島の宿泊先及び
上原港への送迎


ツアー当日の天候・自然の状況によっては、コース行程を変更する場合があります。


カヤックを漕ぐ時間
白浜港→白洲
約1時間
休憩
白洲→シュノーケル第1ポイント
数分
シュノーケル第1ポイント→外離島
数分
昼食
外離島→シュノーケル第2ポイント



シュノーケルの時間
・シュノーケル第1ポイント
→30分

・シュノーケル第2ポイント
→45分〜1時間


時間は目安としてお考えください。ツアー当日の天候やお客さまの体力に左右されます。



石垣島に戻られる場合、上原港発16:30以降の船にお乗りいただくように送迎いたします。

上原欠航時は大原港へ船会社の運航するバスにお乗りいただきます。その場合、バスの時間も踏まえて、石垣島に到着するのが、18:00前後になることも予想されます。



西表島の自然を楽しむために
自然観察
西表島の旬な瞬間
西表島フィールドニュース
鳩間島(旧定点観測)
西表島さくら通信
西表島ホタル観察記
星砂海岸クマノミ日記
サガリバナ通信
LBコンテンツ  
イリオモテジマ通信2011
コンセプト
西表島
 環境と地域貢献
シーカヤック 
初心者のために  
カヌー&カヤック
パドルの漕ぎ方
カヤックの乗り方


外離島シュノーケルは
自然の見どころ満載!

これだけは
観てもらいたい!
観せたい!
拡大の文字をクリックすると
画像が大きくなります!


貝殻(ビーチコーミング)

ダイナミックな地形

ウミショウブ

テッポウユリ

ビーチグラス



サンゴの用語集
拡大の文字をクリックすると
画像が大きくなります!



亜熱帯の海に広がるサンゴ

■サンゴ礁の海でシュノーケリングをする前に、いくつかの用語をご紹介しましょう。

■リーフ(Reef)
リーフとは、サンゴが積み重なってできた天然の防波堤の事です。このリーフには幼魚や小魚たちにとっての楽園になっています。

■リーフエッジ(Reef Edge)
リーフに波があたって砕ける辺りのことをリーフエッジといいます。

■アウトリーフ(Out Reef)
リーフの外側は波や流れが強いことも多くですが、サンゴの質、量、美しさのすべてが高レベルです。

■ドロップオフ(Drop Off)
リーフの外側は波や流れが強く、水がきれいでサンゴの種類も豊富です。リーフから外洋に向かっていくと、突然「ガクン」と深くなっている部分のことをドロップオフといいます。





西表島のサンゴ
拡大の文字をクリックすると
画像が大きくなります!





■サンゴは一見、石の様ですが、ちゃんと生きています。サンゴはれっきとした動物で、分類上はイソギンチャクやクラゲと同じ腔腸動物に属しています。ひとことにサンゴといっても種類は豊富で、実にたくさんのサンゴの仲間があります。西表島ではテーブルサンゴ、エダサンゴ、ハマサンゴなどなどのサンゴたちが、素晴らしいサンゴ礁を形成しています。

















































































































外離島シュノーケリングコースは、西表島の船浮湾に浮かぶ、内離島(うちぱなり)と外離島(そとぱなり)の2つのを渡り、シーカヤック&シュノーケルで、西表島の海の魅力を存分にお楽しみいただけるコースとなります。
シーカヤック&シュノーケリング、西表島の海で思い出に残る体験をしませんか?
 
東シナ海に接する外離島は周囲を発達したサンゴ礁に囲まれています。青い海をシーカヤックで島を渡り、美しいサンゴの世界をシュノーケルで泳ぎます。西表島から程近い
無人島で遊ぶシーカヤック&シュノーケリングが楽しめます。

西表島のブルーに澄んだ海をカヤックで漕いで、進む気持ちよさは、このコースならではの醍醐味です。
離れ小島からほど近い場所を漕いでいると、時より海の中のサンゴや綺麗な魚達、ウミガメと遭遇する楽しみもあります。シーカヤックならではなの楽しみ方ができるコースとなります。
 
シーカヤックに乗り、内離島と外離島をつなぐ白洲(シラス)と呼ばれる砂浜を目指します。白浜港を出発してすぐ正面にある内離島の岸沿いを進み、外離島までは比較的浅い場所を漕いでいけますので、シーカヤック初心者の方も安心してサンゴの海へ漕ぎ出すことができます。 
 スタートして内離島沿いを漕いでいると、切り立った岩肌が見えてきます。

高く長い内離島の岩肌を横目に内離島と外離島の間にある白洲(シラス)を目指します。
青い空と白い雲、眩しい日差しに透きとおる海の色に感動!
 

サンゴの海の穏やかな水面を小さな魚の群れが飛びはねています。透きとおる海面下には、さっそくサンゴや熱帯魚の姿が見られます。
内離島に渡ると、切り立った岸壁や大きな奇岩群が見られます。岸壁には地層が見られる場所があり、地形や景色の変化は、見る人よって違いますので、面白い景色が見られます。

 
白洲の砂浜から、人の住まない西表島が見られます。

白洲
(しらす)
に上陸すると、東シナ海の水平線や真っ白な砂浜の上には、波が砂紋(さもん)が見られます。人の踏み入ることの少ない場所では、美しい自然現象が見られる事があります。誰もいない砂浜の上から見る海や島の景色は、大自然を独り占めしているような贅沢な気分が味わう事ができます。
 

 白洲で透き通るような海を前にのんびりと過ごしたり、遊んだ後は、シュノーケルの準備を開始。
ガイドによるシュノーケルのレクチャーを受けたら、カヤックの乗って第一ポイントへ。
第一のポイントでは、身体を慣らし、シュノーケルの仕方を徐々に確認しながら、比較的浅いところを選んで珊瑚や魚を楽しみましょう。
海の中はまるで水族館のようなカラフルな魚でいっぱいです!
2009年8月<海の中はまるで水族館のようなカラフルな魚でいっぱいです!>
 
 

シュノーケリングを楽しむ場所までは、シーカヤックで移動となります。サンゴ礁が広がる浅瀬を漕ぎ進むのは、シーカヤックならではの景色です。ポイントを見つけたら、カヤックを降りて青い海の中へ飛び込みましょう!海の中に広がるサンゴ礁と東シナ海の青さは、時間を忘れるほど感動があります。


サンゴの上を漕いでいくのは、カヤックならではの体験です!
海の中に広がる真っ青な世界は、豊かな自然の証拠です。

サンゴ礁が無限に広がり、テーブルサンゴやエダサンゴなど様々なサンゴが広がっています。熱帯魚たちにとってサンゴ礁は海のオアシスになっています。

神秘的な蒼の世界
 
 
夏空の下、西表島の海は表情が豊かに見えます。浅い場所から深い場所へ、青のグラデーションが美しい世界です。穏やかな内海では、ウミガメやサンゴに群れる小さな魚を探す事ができます。外洋に近づけば、彩り豊かな大きなサンゴの群落があります。そのサンゴ礁の周りには大きな魚も見られます。サンゴの海で、自然と溶け込みながらカヤック&シュノーケルで西表島の海を全身で感じて下さい。
外離島シュノーケルコース
タイムスケジュール
▼9:30〜
白浜港を出発
シーカヤックから見る内離島は、ダイナミックな景観です!
・白浜港を出発すると内離島の奇岩群や、群生するアダンが目に飛び込みます。岸沿いで炭鉱時代の遺構も見られます。

▼10:30〜
内離島から外離島へ
内離島から外離島を一緒に目指しましょう!
・内離島から外離島へ島を渡ります。地層がむき出しになっているダイナミックな景色に驚きます!

▼10:45〜
白洲で休憩・
レクチャー開始
白洲に上陸、東シナ海を一望できる、美しい砂浜です。
・外離島の外れに白洲があります。この白洲に上陸します。潮の満ち干きにより白洲の広さが変わります。


シュノーケリングを行う前に事前講習を行います。安全にシュノーケリングを楽しむ為のレクチャーです。

▼11:00〜
シュノーケリング
1本目のシュノーケルは、外離島の湾内でします。
シュノーケリングのポイントで練習を兼ねたシュノーケリングを楽しみましょう!

▼12:00〜
昼食
ビーチで昼食、暑い日差しと熱い八重山そばがよく合います!
・シュノーケリング終了後、カヤック乗り、外離島へ上陸します。そこでアツアツの八重山そばをつくります。

▼13:30〜
シュノーケリング
カヤックからサンゴの海へ、思い切って飛び込みましょう!
・カヤックからサンゴの海へ飛び込みます。カヤックからのシュノーケルは、自然との距離が近いです。
海の中、サンゴの世界が広がっています。
・2本目のシュノーケリングをします。サンゴのリーフエッジ沿いをゆっくり泳いで、サンゴや亜熱帯の魚と一緒に泳いで見ませんか?
サンゴのリーフエッジに沿ってシュノーケルを楽しみましょう!
・サンゴを見ながらのシュノーケリングは、時間を忘れてしまいます。海の中を覗いていると静かに心が落ち着きますよ!
▼14:30〜
白浜港へ帰港
心地良い疲れとスッキリした気分で白浜港へ戻ります。
・青い空と青い海で1日思いっきり遊びました。カヤックに乗り込むと心地良い疲れを感じます。

▼15:30〜
白浜港に到着

■カヤックを漕ぐ時間は約2時間40分

■時間は目安になります。
コースは、当日の天候などにより変更させていただく場合があります。


※石垣に戻られる方は、16時30分以降の船に間に合うように送迎いたします。
天候により、大原港へ向かう場合、バスでの移動時間もありますので、石垣島の港に着くのが18時前後になることも予想されます。


ご予約コース名は、外離島シュノーケルコースです。

予約状況の確認及び、お申し込み
お問い合わせ

電話でのご予約・お問い合わせは、
0980-85-6660
電話受付時間は9時〜20時までとなっております。


FAXでのご予約・お問い合わせは、0980-85-6678

『HP製作者紹介』

■当社のHP全ての製作は、私達LBガイドが手作りで行っております。そのために皆様にとって不足を感じる事があるかもしれません。その時は修正を行っていきますので、お気軽にご意見やご要望をお聞かせ下さい。

■下記、連絡先まで宜しくお願い致します。



ページトップへ


ご予約コース名は、
外離島シュノーケリングコース

です。


電話でのご予約・お問い合わせは、0980−85−6660
FAXでのご予約・お問い合わせは、0980−85−6678
電話受付時間は9時〜20時までとなっております。

メールでのご予約・お問い合わせは、
info@lbks.jp
へどうぞ


おひとり様ツアー参加料金

大人 12.600円
   
子供 8.400円
小学生以下を子供料金
とさせていただきます。
 

石垣島からでも参加できます!


ツアー料金内訳
ガイド料・カヤック一式レンタル料
保険代・昼食代・消費税込み


お得なサービス料金


ツアー催行期間

5月頃〜10月頃
※夏季の時期

ツアー催行人数

1名様から
おひとり様から複数名でのグループ参加までご予約を承っております。


ツアー催行時間
約7時間
時間の表示はツアー全ての内容をあわせた表記となります。
 
漕ぐ時間は?
カヤックを漕ぐ時間は、合計3時間〜4時間ぐらいです。10〜15分ぐらい漕いでは休憩が繰り返されます。

ツアーは、ゆっくり進めますが、その日の天候のコンディションによっては、頑張っていただくときもあります。
 


ご予約とお問い合わせ

予約カレンダーとお申し込み
24時間受付ております。

ご予約後、自動返信メールが
お客様に届きます。
こちらから返信がない場合は
お手数ですが、もう一度メールを
いただくか、お電話にて
ご連絡下さい。


メールフォームからのお問い合わせ 
 
電話でのご予約・お問い合わせ
0980-85-6660
電話受付時間
9:00〜20:00


FAXでのご予約・お問い合わせ
0980-85-6678


準備
ツアー参加手順
ご参加の前に必ずお読みください。
持ち物や服装
旅の準備もお楽しみ下さい。

お客さまの声

2010年

2011年

メールの質問と回答

安全なツアーを行うために
ガイドライン



外離島シュノーケルコース
楽しめるポイント!

※クリックすると画像が大きくなります
※只今作成中!
 珊瑚の綺麗な海を漕ぐ
 
離れ小島に渡る 
 
 シュノーケリング
 
 誰もいない白洲
 
時々ウミガメに出会う 
 


ツアーの昼食情報

ツアーの定番お昼メニュー
LB風「八重山そば」のご紹介ページです

ご参考にしてください。

シュノーケリングが初めての方は、こちらをご覧下さい。

シュノーケリングが初めてという方でもご安心下さい。海でシュノーケリングをする前に、簡単なレクチャーを行います。 

白洲の砂浜でシュノーケリング講習


マスク・シュノーケル・フィンの使い方、泳ぎ方、シュノーケリング中のカヤックの乗り降りの仕方などを簡単にご説明します。また、分からないことがあれば、なんでも聞いて下い。安全で楽しいシュノーケリングをしましょう!

シュノーケリング中のカヤックの乗り降りも練習しましょう。

シーカヤックでサンゴの海へ、カヤックから思い切って海へ飛び込めば、目の前には透きとおるような青い海と、鮮やかなサンゴの世界が待っています!

カヤックからのシュノーケリングの様子をご覧下さい!

LBはこう考えています!
フィールドで使う靴について

これまで、当社では、ツアー中に、レンタルブーツを皆様にご利用頂いておりましたが、2009年の夏よりは、皆様ご自身にご用意頂くように考え方をかえました。

それは、何でも業者に頼るのでなく、より積極的に西表島の自然を楽しんでいただきたいと考えているからです。

フィールドを全身で楽しむためには「靴」の選択は重要です。

自分のシューズを持つことから自然の中に出ることを考えてみてください。

今お持ちのジョギングシューズでも問題はありません。むしろ、そのほうが有意義です。旅行の荷物に楽しみは比例しています。

私達は、道具選びも旅の楽しみのひとつだと考えています。自分の履きなれたクツや、遊ぶための道具で遊びにいらして下さい。

自分の道具があると、自然と外へ出かける機会も増えますよ!

カメラについて

カメラは是非お持ち下さい!

但し、カヌー・カヤックは水辺の遊びです。外にでている荷物は水しぶきなどで必ず濡れてしまいます。

また、一瞬の気の緩みで水没・・・なんてことも。

そこでカメラは防水性のあるものをお選び下さい。

せっかくのご旅行ですので、西表島に遊びに来た大切な記念を写真に収めてください。
 

お荷物について
 
西表島にご宿泊の皆様へ。

ツアー参加日の移動につきましては、必要であれば、お荷物は車にてお預かりいたします。

貴重品などは防水バックに入れて、お客さまでご管理いただきますようにお願いします。
 


非日常を堪能する島旅
西表島を楽しむための心得

当社のツアーでは、朝から夕方まで西表島で遊んでもらえるような内容・時間設定をしています。

6〜7時間ほどの日帰りツアーをご提案するには、理由があります。

それは、日本のほぼ最南端に来られた皆様が、ゆっくりとこの島の自然を堪能いただけるのに最低限必要な時間と考えているからです。

それだけ、この島には価値のある自然が現存しているのです。

ですから、なるべくごゆっくりとしたご計画をお考えください。

この島の自然が、皆様をとりこにすることは間違いないでしょう。非日常的なゆっくりとした時間をご堪能ください。

 

LBガイドの紹介

國見 祐史(クニミ ユウジ)

クニミです!西表島のコアな話をお聞かせします!

自然を身近に感じながら、自然や環境を大切に考えていきたい。という想いを持って、西表島にやってきました。

地域に関わりながら暮らすため、島生まれの青年が中心となり、島の行事などに関わる上原地区青年会として活動しています。

この青年会活動を通じて知り合った、島生まれの仲間との交流が、島で暮らしの中で大切な心の支えとなっています。

自分で実際に行った自然観察や地域活動による実体験を皆さまにお伝えできる地域に根ざしたガイドを目指しています!

2011年4月


 

猿田 誠(サルタ マコト)


西表島でガイドをやろうと思ったきっかけは、学生時代に海外や沖縄本島などにも行った事がなかった私がいきなり西表島に実習で来たのが思いの始まりでした。

カヤックでの自然体験に参加し、自然の雄大さに圧倒された事と、島で暮らす人達と関わり、島での生活や文化を知り、今まで外の世界を知らなかった私には良い意味でカルチャーショックとなりました。

今では島に住み、地域活動にも参加させてもらいながらたくさんの事を学ばせてもらっています。
さりげなく西表島の自然や文化を伝えられるガイドでありたいと思っています。
2010年10月

 

LBホームへ
西表島へのアクセス サイトマップ info@lbks.jp
2010夏・真っ赤に熟れたアダンの実
LBカヤックのすべてのホームページは、素材などは購入することもありますが、
LBスタッフが全員で手作りで更新しています。

日々より良い情報を皆さまにお伝えできるように改善を心がけていますので、
ご意見やご感想は、お気軽にご連絡下さい。


エル・ビー・カヤックステーションのホームページに使われている、
写真及び文章等の無断使用及び転用を禁止いたします。

(C)Copy Right L.B.KAYAK STATION 2010 All Rights Reserved.