オヒルギの膝根(シッコン)と若芽

オヒルギの膝根(シッコン)と若芽
2011年2月撮影 ガイド猿田

赤いタコさんウインナーのようなオヒルギの花(ガク)から生まれる胎生種子は、大きくなると30センチ程まで成長します。
西表島にはここ数年の間、しばらく大きな台風が来ていないので、根付いた胎生種子が元気に育っています。
水面に見えるこぶのようなものが膝根(シッコン)、マングローブの根はひと工夫もふた工夫もされていて、面白さを感じます!

閉じる