西表島・ツアーに参加した皆さんからのメール・LBカヤック
〒907-1541 沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116(西表島西部地区) TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 mail:info@lbks.jp
L.B.コンセプト シーカヤック 西表島 環境と地域貢献 サイトマップ お気に入りに登録
西表島カヌーで遊ぶ!ガイド案内・毎日更新!LBカヤック 元気になりたいあなた、西表島自然体験がきっと特効薬になります!!
LBホーム 予約状況 割引料金プラン 各ツアー料金内容 ご予約お問い合わせ
2010年度版 お客様から頂いたメール 
最新更新情報


ツアーにご参加いただきましたお客様からから頂きました、メールを載せてあります。
ご旅行を終え日々の生活に戻られてから、ツアーを思い返して頂いたメッセージです。
なお個人情報に関わる記載は、除いております。


※お客様から頂きました、正直なお声をお伝えします。
2008年のお客様から頂きましたメール

2009年のお客様のご感想  ■2008年のお客様のご感想  ■2007年のお客様のご感想 

2006年のお客様のご感想  ■2005年のお客様のご感想  ■2004年のお客様のご感想

2003年以降のお客様のご感想


※2010年4月11日更新
■Oさん(夫妻)

■4月6日船浮湾&水落の滝コース

■ こんにちは。46日に、シーカヤック船浮湾コースでお世話になったOです。

あの後、最終日に予定していたシュノーケリングツアーが、更なる天候の悪化で中止となり(泣)急遽、レンタカーを借りて石垣島を1周ドライブすることとなりました。それは それで楽しかったのですが・・・。
きれいな海の中を見れなかったのが残念です (涙)

そして無事昨日、滋賀に戻って来ました。現在の滋賀は、快晴!風はまだまだ冷たいですが桜が満開でとてもきれいです。ただ、久々に見た青空が「なんで滋賀やねん」と雲一つない青空と琵琶湖を見ながら、つっこんでおります(笑)と、愚痴はここまでにして。

ツアーの際は、本当にお世話になりました。
私にとって今回の旅行は、沖縄本島、離島(石垣島・西表島)、シーカヤック全てが初めてずくしの旅行でした。一つ一つが、思い出深いものです。特にカヤックのツアーは、本当に本当にものすご〜く楽しくて、より充実した旅 行になりました。

最初は、運動も苦手で体力のない私が白浜から本当に出て行けるのかすごく心配 でした。夫婦共にカヤック初でしたし。でも、猿田さんにパドルの使い方など丁寧に教えて頂き、また風を読んでのコー ス選択に不安も飛んで行きました。カヤックも最後には、夫婦息の合った?漕ぎ方が出来たのでは?と思います。ほとんど、彼が漕いでいたのかもしれませんが・・(苦笑)

西表島や植物などについても、色々教えてくださり勉強になりました。木炭浜での手作りお蕎麦、美味しかったです。ゴーヤが苦手な私たちに変わって ゴーヤをたくさん食べて頂きありがとうございました。滝に打たれた後の、温かいお茶と黒糖も美味しかったです。

海であんなに風が吹いていたのに、マングローブの中の風のなさ、静けさには驚かされました。あのまま漂っていたいほどでした。天気がもう少し良ければ、エメラルドグリーンの海を満喫できたのかもしれないですね。その辺は少し残念ですが、猿田さんが言われてたみたいに、「また、おいで」という事かもしれないですね。

帰りの船では、二人で「本当にLBカヤックのツアーに参加して良かったね、楽しかった〜また来たいね」と話していました。
次は西表島に宿泊して、もっと西表島の自然と海を体験したいです。その時は、またお願いいたします。
これから、ますます暑くなって忙しくなると思いますが、スタッフの皆様体調には気をつけて下さいね。

本当に楽しいツアーありがとうございました。
■I.Sさん(女性)

■3月24日(ナーラ支流),25日(ゴリラ岩カヤック&シュノーケル),26日(ピナイサーラ滝つぼ&温泉)参加

■今回、LBカヤックステーションで私が体験したコースはこの3つ!! 

・ナーラ川支流ジャングルクルーズ 
・イダの浜~ゴリラ岩シーカヤック&シュノーケリング
・ピナイサーラの滝壺&温泉 

これらは、デイキャンプツアーの代わりに、2人のガイドさんに作って頂いたものです。

 初日前日、「天気を見ながらコースを決めます」との連絡。まるでTVで目隠しされて知らない場所へ連れて行かれる芸人さんのようです。  
3日間の天気は、雨のち晴れ、快晴、雨&強風とバラエティ豊かでした。そのおかげで、様々な西表島の表情が見られました。 砂地の上に根を張っているマングローブ林。強風のストレスに絶えるため、集団で背をそろえて寄り添っている姿に圧巻なのは当然ですが、よくよく水面を見てみると新芽が1本だけで成長している姿も見られます。不安そうですが、元気よく成長することを願うばかりです。

今回のツアー中、奇跡的にオヒルギの種が水面に落ちる瞬間を見ることができました。 沢歩きは、渓流沿いの苔が生えている岩場のジャングルを進んでいきます。途中、泳いで渡ったり、草木をかきわけて進んでいきます。
足元に気をとられ、周りの風景を見ることを忘れてしまいそうですが、立ち止まって、目を閉じて、深呼吸
全身で風と木漏れ日を浴び、鳥の声や、木々を揺らす風の音に耳を傾けると、大自然のパワーで心身ともに再生されているようです。行きと帰りでは潮位が変わるため、同じ場所でも景色の激変ぶりにも驚かされます。 

 2日目のシーカヤックでは、常時、ディズニーランドのスプラッシュマウンテンの世界です。(後に、それ以上であることを思い知らされます)
とても晴れた天気のシーカヤック。しかも、海にいるのは、私とガイド猿田さんが乗ったカヤックだけです。水面の緑と青のグラデーションが「これでもか!!」というくらいに美しく、カヤックを漕ぐ手が止まりません。そして、前日に引き続き起こった奇跡的なできごと。
それは、ウミガメとの遭遇です。「この辺りでウミガメが見られるかもしれない」とのお話の後、タイミングよくウミガメは現れましたが、すぐに消えてしまいました。もう、できすぎです。その後、美しすぎる海でのシュノーケリング。
泳げない私でも泳ぎたくなるのは当然です!ここで は、随分ライフジャケットにもお世話になりました!!  

 ピナイサーラの滝壺&温泉に向かう前夜~当日にかけて西表島の天気は強風に雨。ピナイサーラの滝は3度目になりますが、あんなにも水量の多い滝は初めて見ました。ピナイサーラとは「ひげのような」という意味ですが、「ひげ」どころではない。雨も降り続いており、すさまじい量の水が岩に打ちつける水しぶきで、辺り一面マイナスイオンの世界でした。 その日のカヤックは、強風のため、漕いでも漕いでも進む気がしません。ゴール地点に見えるLBカヤックステーションの車が小さく見えます。

それでも、目の前の波に向かって行くだけです。パートナーと声をそろえて、パドルの動きもそろえて、ひたすら、ひたすら。どんな向かい風の中でも漕ぐ手を止めなければ、少しずつでもゴールに向かっているのは事実で、ロープでつながった3艇のカヤックがゴール地点に着いたときの達成感は3日間のうち一番大きかったかもしれません。
体は冷え切っていましたが、昼食の八重山そばとその後の温泉で復活です。
思わず、帰りの車中で「漕ぎ足りない」と一言 

 今回でLBカヤックステーションさんにお世話になって3回目。
いつも思います。「日ごろから運動しておけばよかった」「泳げるようにしておけばよかった」と。でもでも、どんなに運動不足でも、泳げなくてもライフジャケットを着ていれば大丈夫。
そして、少年のような瞳をしたガイドさんについていけば問題ありません。
困った時には手を貸していただけますし、ガイドさんの「大丈夫!」の一言で、不思議なことに何でもできるような気になります。そして、西表島の大自然は何事も受け入れてくれます。

その日、その瞬間でしか見ることができない物ばかりです。だからこそ、何度でも行きたいと思います。 今回の3日間のツアーはドキドキ・ワクワクの連続でした。自宅に戻った今、空を見上げては、「今日のツアーはどうだろう?」と想像しています。

必ず、また西表島に行きます!!本当にお世話になりました。ありがとうございました。
 メールでのご感想をお待ちしております。info@lbks.jp
  LBカヤックホームへ戻る
エル・ビー・カヤックステーション〒907-1541沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116(西表島西部地区)
TEL
0980-85-6660・FAX0980-85-6678 mail:info@lbks.jp
■エル・ビー・カヤックステーションのホームページに使われている、写真及び文章等の無断使用及び転用を禁止いたします。■
■(C)Copy Right L.B.KAYAK STATION 2004 All Rights Reserved.■