西表島で元気になろう!LBカヤック
更新情報自然観察記ツアーメニュー予約状況&お申し込みお問い合わせ
2013年LBカヤックステーション
ガイド紹介L.B.コンセプト西表島シーカヤックエコツーリズムサイトマップ

西表島エコツアーガイド募集中!
2013年1月3日(木)16:30更新!

2013年のシーズンを私たちと一緒に働きましょう!

アウトドア分野
自然環境系専門学校の
インターンシップついて
LBカヤックの人材育成
LBカヤックでは、より質の高いガイドサービス目指し、専門性を高めたいと考えています。

そこで自然環境系の専門学校のインターンシップを受け入れ,、将来の西表島を担う人材の育成を考えております。

現在、条件等交渉中となりますので、整い次第公表いたします。


現在、募集中です!まずはお気軽にお問い合わせください!

西表島チーム中神は
エコツアーガイドを募集しています!
2013年のシーズンから西表島でエコツアーガイドとして、
西表島で生活を始めたい方を募集します。

LBカヤックは、2013年1月現在、エコツアーガイドを若干名募集しております。

決まり次第、募集は締め切らせていただきます。

ガイドは、フィールドに参加者を連れてでるまでに、基本的なことを学ぶ期間を要します。

まずは、2013年1月現在からシーズンを西表島でアウトドアガイドとして働きたいとお考えの方を募集いたします。

カヤックやアウトドアガイドとしての経験は不問です。明るく元気な方をお待ちしております!

早い時期に西表島にこられる方を優先させていただきます。
応募要項

応募するにあたって

写真つきの履歴書

原稿用紙1枚(400字)程度で、
自分の将来や夢について書いたもの


直筆で書いたものを郵送にてお送りください。
(特別な事情に限り、メールでも受け付けます。)


こんな人を募集しています!

私たちはプロガイドを目指しております。アウトドアや沖縄に興味がある方、西表島の雄大な自然と関わる仕事をしませんか?

20代半ば〜30才くらいまで

人と接する仕事です。
明るく元気であり、社会人としての一般常識が必要となります。


責任感が強く、責任をもった行動ができる方であれば、年齢は問いません。

対象

現在、スタッフ宿舎の都合により、男性のみの募集とさせていただきます。

期間

長期で西表島に滞在できる方を希望します。

ご連絡はこちらから

人材募集に関して質問や興味のある方は、
まずはお気軽にご連絡ください。


連絡先

(有)エル・ビー・カヤックステーション

〒907-1541
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116
(西表島)


TEL 0980-85-6660
Mail info@lbks.jp

代表者 中神 明


もっと詳しく!LBカヤックの仕事

プロガイドを目指して、研修を行っていきます!



当社のエコツアーには、多種多様な参加者がいます。
年齢層の幅も広く、
「質の高いガイド」が要求されます。
ガイド内容

LBカヤックの推奨するエコツーリズムに基づいたエコツアー

シーカヤックとトレッキングを利用した持続可能な自然体験

ツアーガイドが行う仕事

ツアーの準備・片付け

参加者の送迎

ご予約いただいたツアー参加者をガイドする

ブログ等、簡単なHPの更新作業

上原地区青年会活動

当社HPを参考にご覧ください!


資格について

普通自動車免許(A/T限定は不可)

ツアー中の移動やカヌーを運搬する車両は、マニュアル車のみとなります。

カヤック運搬時には、専用のトレーラーを牽引し運搬します。法律上、普通免許で問題ありません。

西表島には、基本的にツアー中運転する道は県道1本だけです。


普通救命講習

各都道府県の消防署で毎月定期的に実施されており、3時間程の講習で取得できます。講習後に修了証が発行されます。

お住まいの地域の消防署にお問い合わせください。


日本赤十字社水難救助員


西表島からですと、沖縄本島まで旅費をかけての講習となります。最寄りの日本赤十字社都道府県支部へお問い合わせいただき、できれば西表島に来るまでに取得をお願いします。

日本赤十字社ホームページをご覧ください。



水難救助員資格、普通救命講習に関して

こちらに来てからでも、取得は可能ですのでご相談下さい。

事前に本土で取得されていたほうが、
西表島に入られてからスムーズに仕事が行えます。
西表島に入られる期日までに、
上記の資格の取得をお願いしたいのですが、
この講習は各県、年1回〜2回の開催となっております。

不明な点があればご相談下さい。


LBカヤックの1日
ツアーがある日 ツアーがない日
出社 7:00頃 8:30頃
朝礼・準備 8:00頃 9:00頃
ツアー開始 8:30頃〜
ツアー終了 16:30頃 12:00頃昼食 
片付け 17:00頃  
    18:00頃終業
夕食 19:00頃
20:00頃帰宅
事務作業 20:00頃
帰宅 22:00頃


ツアーがある日は、基本的に7時から始まり、片付け、業務終了までとなります。

ツアーは午後4時ごろに終了いたしますが、カヤックの洗いと道具の後片付け、メンテ、翌日の準備、ブログなど、HPの更新業務を行い、スタッフ全員で夕食をとります。
夕食もガイドが交替で作ります。

その後、夜の20時〜22時ごろまでHPの更新や1日の反省、
事務仕事を行い終了となります。

また、ツアーがない日は、朝8時半から業務が始まり、
夕方5時か6時ごろの終了となります。


休暇

ツアーがない日に交代制

会社は、年中無休になります。
参加者がいないときに、交替で休暇を取ります。


給与

要相談

現在、在籍中のガイドは家賃や食費などの生活費込みで
10万円ぐらいです。目安にしてください。


住居

スタッフ寮あり

LBの寮(1軒屋)となります。1人1部屋。
また、冷蔵庫、テレビ、掃除機、洗濯機、炊飯器は共同。
布団は、こちらで用意してあります。


通勤

徒歩

事務所まで歩いて1分〜2分程の同じ集落内に事務所があります。
サンセットが綺麗で有名な月ヶ浜のビーチまで歩いて5分程です。
星砂の浜までは15分。


教育研修

ガイド教育研修
カヤックスキルUP講習
安全対策講習


LBカヤックでは、個々の知識、スキルアップの為に、
教育研修として、外部の研修やワークショップに参加します。


2011.6  西表島 (ガイド猿田)
沖縄県カヤックガイド協会のカヤックスキルUP講習会に参加

2011.10 名護 (ガイド國見)
自然体験活動と推奨するCONE(コーン)全国フォーラムに参加

2011.11 那覇 (ガイド猿田)
我喜屋監督(興南高校監督)講演会&青少年自然体験活動ワークショップに参加


ツアーガイドのスキル

ホームページ作成

ホームページの作成は、私たちガイド自身が行なっています。
わからないこともまだまだあります。お互いが学びながら行なっています。
決して難しいものではありません。


カヤックや車の修理など

仕事で使用する道具は、自分で直します。
もちろん技術的な作業は専門の業者にお願いします。
できることはなんでもやります。



ツアーガイドに必要な装備

自然体験活動に適した基本的な服装

帽子(UVカットのハットタイプ)

雨具(薄手のウィンドブレーカー)

乾きやすい化繊の長袖シャツ(UVカット)


膝丈くらいの水着

アンダーウェア

水辺で使えるシューズ

※雨具とシューズを除く、上記装備を3セットくらい
用意してください。


その他ツアーに必要な道具

サングラス

シュノーケリング3点セット


ツアーに必要な機器

防水デジタルカメラ
(必須)


西表島での生活に必要な道具

携帯電話

スマートフォン推奨、必ず防水タイプの電話を用意してください。

スタッフは全員
「au」です。
島で知り合う人もほとんど
「au」を利用しています。
ガイド同士連絡を取り合う際、無料通話を設定できると便利です。


懐中電灯


西表島は街灯も少なく、夜歩くときは真っ暗です。
夜道を照らす明かりは身を守る上で必ず必要になります。
こちらも防水を選ぶ必要があります。


長ぐつ


草刈りの清掃作業や台風のとき等、生活の場面で必ず使用します。


マグカップ


休憩の時には、コーヒーをドリップしたりします。
マイカップ持参でお願いします。


事務仕事に必要な機器

ノートパソコン

基本的には、事務所にある会社のパソコンを使用しますが、仕事によっては個人のパソコンを使用する場合があります。



参考


必要経費


上原地区青年会会費(3.000円/年)
個人で入会

浦内公民館年会費(1世帯分13.000円/年)
スタッフで等分

食費に関して


2012年3月現在、昼食及び夕食代はほとんどかかりません。

朝食については、個人負担となります。



当社HPを参考にご覧ください!


連絡先

(有)エル・ビー・カヤックステーション

〒907-1541
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116
(西表島)


TEL 0980-85-6660
Mail info@lbks.jp

代表者 中神 明

やる気のある方
向上心のある方

ご連絡をお待ちしています!

真剣に考え行動している方と
仕事をしていきたいと思っています。

少々のことでは挫けない強い意志を持ち
自分の将来のため働ける方を求めています。

社会に役に立つことを西表島から
発信していきましょう!

補足

メールでのご連絡の場合

以下の事項を明記してください。

氏名

電話番号
携帯電話もしくは固定電話、両方あればどちらも。

現住所

年齢

連絡必要・不要

ご連絡はこちらから

人材募集に関して質問や興味のある方は、
まずはお気軽にご連絡ください。

Mail info@lbks.jp

 
LBカヤックの仕事と
西表島との関わり
LBカヤックの仕事スタイル
LBカヤックは、西表島の自然体験を利用して、社会を明るく元気にすることを目的としたエコツアーガイドサービス。

自然へアプローチする手段は、カヤックとトレッキング。これができるだけ負荷をかけない方法だと考える。

考えなく自然に入ると、人間ははいたずらに自然を壊す。矛盾しているように聞こえるが、だからこそ自然に遊ばせてもらいながら自然の素晴らしさを知ることができる。

参加者の自然を大切に想うこころを育むことも使命だと感じ、持続可能な自然資源の利用をテーマに、エコツアーを提案。

もうひとつのテーマは社会に貢献すること。地域と関わりを多く持ち、労働力として奉仕することで、地域の活性化を目指している。

LBカヤックでは、ガイドの基礎は人間力にあると考えている。
自然や島の地域社会に根ざすことで生まれる、不便さ故のコミュニケーション能力や相手を思いやる心の発達。

志を高く持つことで培われる気づきや発見といった、知識や経験を沖縄ではジンブンと呼ぶ。

西表島の自然や地域社会が人間を成長させてくれる。

フィールドにおいては、ガイドの解説が多いと、経験豊かで知識が豊富と勘違いされる。実際は、図鑑に書いてあることの言葉の羅列。誰にでもできることだったりする。

LBカヤックはそれを良しとは考えてはいない。

参加された方が、自然の不思議に気がつくことが大切だと考えている。個人が持っている感性を開放し、五感をめいっぱい働かせるように向けるのが優れたガイドだと思う。

西表島の自然にふれあい、自然の持つパワーを吸収して、生きる力を蓄える。ゆっくりとした時間を過ごせる「島旅」を安全にサポートすることが、私たちの仕事だと考えている。

エコツアーガイド研修
道路の通っていない船でしかいけない西表島の北西部。崎山パイミ崎を目指すシーカヤッキング。景色はまさに雄大。見たこのないような海の青さ、透明度。空は宇宙を感じさせるほど遠く高く見える。
当社はカヌー(シーカヤック)及びトレッキング等を利用したエコツアーを開催しております。できるだけ自然にかける負荷を少なくし、自然に遊ばせてもらいます。研修期間には、ガイドに同行し、技術や知識を学んでもらいます。また、スタッフ全員でカヤックの技術とレスキューの方法を含めて、フィールドでの安全講習を行います。

天気考察
西表島から見る鳩間島。天気によって近くにも遠くにも感じる。まずは、自分達のフィールドの天気を知る。海の様子は毎日違っていて、日々の積み重ねがガイドに正しい判断を与えてくれる。ガイドにとって天候を読む力はもっとも必要なスキル。
LBカヤックでは10年以上に渡り、天気を記録をとり続けています。ただ、予報を記録するのではなく、朝・昼・夜に天気予報と状況を考察して観天望気した記録です。この仕事が安全なツアーを続けていくためにもっとも重要なことなのです。積み重ねた情報はLBカヤックにしかありません。ガイドはフィールドの天気において、気象予報士よりも詳しくなる必要があります。

西表島から見る海の表情、
鳩間島定点観測


西表島の気象に関する基礎データ

自然観察
美しいこの花の名前は、サガリバナ。夜に咲き朝に散る一夜花。真っ暗なジャングルの湿地帯に群生するサガリバナは、散ると川面に浮かぶ。西表島にはたくさんの群生地があり、夏の夜の風物詩として、たくさんの人を魅了する。


ガイドは当然のように自然に詳しくなくてはなりません。ガイドには、図鑑に書いてある情報以上の知識が必要になり、また求められます。西表島の季節の風物詩、生き物や植物の歩んできた進化の歴史や生活史を知るために、日頃から観察を行っています。観察を基にした知識は、ガイドの個性です。ほかのガイドには話せない、自分だけのガイドスキルになります。

西表島フィールドニュース!

フィールドニュース
バックナンバー・
西表島の季節のイメージ


西表島の自然を知る、
西表島の旬な瞬間


星砂海岸クマノミ日記
西表島ホタル観察記
西表島さくら通信
サガリバナ通信


ブログ更新
LB事務所から程近い月が浜。サンセットビーチとして有名な場所。夏場以外は人も少なく、夕日が落ちる景色が美しい。穏やかな夕べは、時間がゆっくりと流れ、ウチナー(沖縄)時間を感じることができる。
ツアーに参加いただいた皆さまとのつながりがブログの更新作業になります。ここでは、西表島という辺境で暮らすガイドの生活をご案内した参加者にお伝えします。フィールド以外での活動報告や、自分が感じたことを自分の言葉で伝えて、共感してもらいましょう。たくさんの発見や感動の中、ガイドの感性を磨きましょう。

ブログ西表島生活日記

twitter
FaceBook
mixi

青年会活動
上原地区青年会芸能発表会で演技を披露したエイサー(太鼓)メンバー。ガイドは島の同世代との活動で、西表島の地域社会を学ぶ。苦楽を共にする仲間の存在が、島の生活やこころの支えとなる。

LBガイドは必ず、上原地区青年会に所属します。LBが考える社会貢献の一環です。お世話になっている西表島に労働力として、気持ちを返していきます。この青年会活動を一緒に行う島人のメンバーは、仕事をして、公民館でも活動して、家庭を支え、青年会活動をしています。

LBスタッフも積極的に参加し、活動を支えています。沖縄独自の文化エイサーや同年代との交流もある楽しい仕事です。ただの遊びではなく、島での居場所を作ってくれます。


公民館活動

所属公民館の行事に参加します。LBの代表者中神は、H10年及びH22年23年と事務所及びスタッフ宿舎がある浦内地区の公民館長をしました。H23年には、上原地区連合公民館館長としても地域に貢献しています。スタッフは公民館行事及び、清掃活動に参加します。地域の人に顔を覚えてもらい、西表島の地域社会を学びます。

地域でのボランティア

中神は公民館のほか、PTAのOB組織、何苦礎(なにくそ)おやじの会会長でもあります。主に炭焼きを行い、その炭で、子供達の活動をサポートしています。また、スタッフは地元小中学生が集まる、西表やまねこクラブのホタル観察会をサポートしています。その他、学校行事にも顔をだす機会があります。西表島では、みんなが支えあい協力して、地域づくりを行っています。

清掃活動

西表島は、フィールドも生活の場も西表島です。竹富町からの事業で行うビーチクリーンアップや、ツアーで港を使わせてもらっている白浜公民館の清掃活動に参加します。また、家の前の道路も掃除します。観光業として、西表島にお客さまを迎え入れるのが、私たちの仕事です。ゴミひとつないきれいな西表島であることを望んでいます。

トレーニング
「健全な魂は健全な肉体に宿る」と言われるように、ハードなトレーニングではなく、健康づくりやリフレッシュの一環として、ウォーキングやジョギングもします。道路の脇はジャングル、歩く走るスピードでしか見えないモノがたくさんある。
ガイドは、元気でなくてはなりません!個人の自由ですが、現在のスタッフは、年1回のフルマラソン挑戦、西表島で行われるやまねこマラソンに参加しております。少し枠を外れますが、野球チームに所属したり、フットサルやバレーボール同好会での活動も身体を動かすトレーニングの一環です。

LBカヤックが掲げるエコツーリズム

LBカヤックからのメッセージ
LBカヤック代表 中神 明
「夢の実現」

皆さんが、いかに自分の「夢」を実現させるのか?

それは様々な成功本にも書かれていることですが、「強い思い」を持つことから始まります。

「思い」描くことから始まり、夢実現には欠かせない。

つまり「思わないこと」は、「実現」はないと言うこと。

いたって、シンプルな原理です。

つまり、石にかじりついても、やり通すと心に誓い、かたくなまでに「思う」ことで「思い」が達成されていく。

それが夢の実現の第一歩であると。

「このページをよく見にやってくる方々へ」迷っている時間などない。

決断し行動する。

それが夢の第一歩。

そして、一緒に夢の実現を致しましょう!

ガイド 國見 祐史
西表島でガイドを始めて、6年目のシーズンに入りました。

自然にふれあう仕事、憧れの沖縄での生活。現実は時に厳しくもありますが、毎日を楽しく過ごしています。

上原地区青年会を通じて、島人の友人と一緒に行う活動が西表島での生活の豊かさを生み、心の支えとなっています

この島は都会に比べると、圧倒的に不便です。

石垣島でさえ、西表島から見ると大都会に見えます。

しかし、過酷な自然環境を受け入れながら、助け合い生きる温かさが西表島にはあります。

そんな田舎での暮らしが、人間の温かさが、日々、色々なことを学ばせてくれます。

西表島で過ごす時間は、人生の中で、とても有意義なものになるはずです。

西表島で自然と向き合い、夢に向かって、一緒に進んでいきましょう!