Archive for the ‘P2 西表島ピナイサーラの滝ジャングルトレッキング(ピナイサーラの滝つぼ&滝うえ)’ Category

やまねこマラソンの日は晴れる。久しぶりの晴れのツアーでした。

27907217_1162551610542432_1192283094_o

こんにちは、ガイド飯田です。

ここ数年、やまねこマラソンの日は天気がすごくよくなり、晴れるというジンクスがあります。

ねらっているのか、偶然そうなっているのかわかりませんが、

今日も晴れのツアーでした。

 

ランナーの皆さんが来島するので、港はテンヤワンヤ。

人人人の人だらけです。

そんななか、マラソンのスタート地点とは逆に走り

ピナイサーラへ行ってきました。

 

晴れ。

久しぶりの晴れで、浮かれてしまい

写真を撮るのを忘れていました。

 

滝の上からは絶景。

冬の間、お休みしていたので、

からだがなまっていましたが、

気持ちの良い汗をかき、

運動って大事だな。

としみじみ感じました。

 

満潮に近い時間にカヤックを乗ると

マングローブの葉の近くに近づくことができます。

 

マングローブにあたらないように

潜り抜けて、海中道路へ。

 

帰りは北風が強かったですが、

いい汗をかいた一日でした。

 

来年のやまねこマラソンの日をねらってみてください。

また、来年も晴れてくれそうな予感がします。

 

ガイド飯田(写真/文)

西表島の冬のツアーでは生き物もゆっくり動いています。「干潟」で見れる生き物

こんにちは、ガイド飯田です。

 

「西表島ではどんな生き物が見れるんですか?」

そんな質問をよくいただきます。

夏のツアーでしたら、トカゲ、鳥(時にはカンムリワシも!)と小さいながらも

いろんな種類の生き物が出てきてくれます。

ですが、冬のツアーでは、気温が低いのであまり生き物の行動も活発ではありません

冬は、植物や景色を楽しんでもらう感じのツアーになります。

 

25991193_1134212293376364_1209511031_o

 

「コメツキガニ」

でも、冬のツアーで唯一、ゆっくり、しっかりと観察できる生き物がいます。

それは、干潟に出現する「ミナミコメツキガニ」というカニです。

 

夏は逃げ足が速い

コメツキガニは、夏にも見かけることができるのですが、

夏は気温が高いので、カニの動きも活発です。

近づいただけで、気配を察知するのでしょう、すぐに逃げてしまいます。

超ビンカンなため、見つけるのにも一苦労。

 

冬は動きがゆっくり

その点、冬は気温が低いので、カニの動きが鈍いです。

逃げようとするのですが、なにせ寒い。

手足が、かじかんでいるのか逃げ足も遅く、

中には逃げずに黙々とエサを食べ続ける強者も出てきます。

 

巨人の脅威

カニにとってみれば、人間なんてとても巨大で凶悪な生き物だろうに、

全然動じない。

食欲が勝っている。

カニもきちんと栄養を取らないと生きていけないので、

わずかばかりの食事の時間は必死のようです。

 

コメツキガニが教えてくれたこと

小さい生き物たちを見ていると

必死に生きているな。

生きることに命を燃やしているな。

なんて感じます。

 

人間に生まれると、なんとなく働いて、

なんとなく食事して、なんとなく生きている。

なんとなくが重なって「生きる」って感覚が薄れてしまっているような気がします。

 

でも、なんとなくでも年はとっていくし、

時間は流れていく。

残された時間は一刻、一刻と少なくなっていってます。

コメツキガニを見ていると、そんな「なんとなく」生きていたら

ダメだな!!!!!

と感じます。

 

日々、少しずつでも「やりたいこと」や「やらなきゃいけないこと」

をしっかりとコツコツとこなしていく。

どこに向かうかはわからないけれど、そんな日々の積み重ねが明日を作っていく。

コメツキガニに学んだ気がします。

 

冬にしかできない自然体験をどうぞ西表で。

 

ガイド飯田(写真/文)

冬の西表島、「ツアーで行く場所の選び方」教えます

こんにちは、ガイド飯田です。

 

冬の西表島は川がおススメですが、

ツアーに参加する時は、ちょっと注意が必要です。

 

それは、「場所」の選び方です。

「場所」の選び方というと、「川の選び方」のことです。

 

なぜ、「川の選び方」が重要かと言うと、

特に冬の時期は、ツアーに行ける川と行けない川が出てくるからです。

 

なぜ、ツアーで行けない川が出てくるかと言うと、

西表島の冬は北風が強くなるからです。

 

風が強くなると、波がたつようになります。

波がたつとカヤックでツアーに行くのが危なくなります。

特に、冬場は北風が吹くので、島の北にある川、海は特に波が高くなります。

だから、北に位置している川は条件次第で行けなくなってしまうんです

残念っ!!

 

行きたいけど行けない…のジレンマでガイド自身も催行、不催行を迷うこともしばしば。

「冬のツアーでコースを変えられた!!」

というお叱りはもちろんなんですが、

楽しんでもらいたいという気持ちからのコース変更だってことは理解してください。

 

「えっ、そんなこと言ったって、どこを選んでいいかわからないよ」

と考えている、あなた!

安心してください。

「冬の西表島でココに行った方が楽しめるよ」って場所を紹介します。

これを読んで、みんなにも教えてあげてください。

 

冬のおススメは「ピナイサーラの滝」

25674915_1133613793436214_726947740_o

一番のおススメは、ヒナイ川です。

LBカヤックのコース名は「ピナイサーラの滝つぼ&滝うえコース(P2)」

ピナイサーラの滝という沖縄一の落差の滝へ向かっていくコースです。

川でのカヤックは片道1時間ほどですが、マングローブを楽しめます。

人気スポットなので、夏の時期は人、人、人と人だらけですが、

この時期は人も比較的少なく自然をゆったりと楽しめることが多いです。

森の中をトレッキングして抜けた先にあるピナイサーラの滝。

滝を眺めていると、清々しい気持ちになり癒されます。

何回行っても飽きない、ヒーリングスポットです。

 

西表島に宿泊なら「ナーラ川支流」

25674879_1133697766761150_365988777_o

ナーラ川の支流もおススメです。

LBカヤックのコースで言うと「ナーラ川支流コース(MJ1)」

こちらは、滝にはいきませんが、ナーラ川という

西表島でも3番目に大きい川の細く分岐した支流に向かっていくコースです。

 

ジャングルクルーズのような体験

マングローブに囲まれた川をシーカヤックで楽しむツアー。

ただただ、マングローブの川へ行くツアーは多いですが、

ナーラ川支流コースはさらに細い川へ入っていくコース。

手で触れれるぐらいマングローブの側に寄ることもできます。

最初はマングローブの川を漕いでいたはずが、

いつの間にかマングローブが無くなり、木々が頭上に生い茂るジャングルに迷い込んでしまった!!

なんて感覚が楽しめるコースです。

さながら、ジャングルクルーズのような体験。

 

天候に左右されやすいので注意

冬の時期で北風が強く吹く場合は、ナーラ川支流に行けない場合があります。

その場合は、申し訳ないのですが、コース変更をお願いしております。

(ピナイサーラのコースへ変更になることが多いです)

というのも、ナーラ川は北に位置している川。

冬の時期は北風が強く吹くので、北に位置するナーラ川へ入るのが難しくなります。

また、石垣島からお越しの場合、上原港が欠航してしまうと

時間に余裕が無くなるのでナーラ川支流へ行けない場合があります。

ナーラ川支流へ行きたい場合は、時間的にも余裕のある西表島へ宿泊してください!

 

北に位置しているツアーって、どれ?

LBカヤックが行っているツアーで北に面している場所は、

ナーラ川船浮湾です。

コースで言うと、「船浮湾&水落の滝コース(S1)」「ナーラ川支流コース(MJ1)」「ナーラ川本流コース(MJ2)」です。

この2ヶ所(3コース)は北風が強く吹くと催行できなくなります。

申し込みの時はコース変更を覚悟しておいてほしい要注意のコースです。

 

どうしても、北に位置している川、海に行きたい場合は

南風が吹く4月~10月に来てみてください!

天気のよい日は青空が広がっていて気持ちいいですよ!!

 

自然体験は、どうしても天候次第

最終的には天気次第となりますが、

冬には冬の楽しみ方が、夏には夏の楽しみ方があります。

雨の日には、雨の日の楽しみ方が、くもりの日には、くもりの日の楽しみ方があります。

「それぞれの天候の楽しみ方を知ってもらい、さらに自然を好きになってほしいな」

という思いで案内しています。

いろいろな遊び方を知って、西表島の自然の楽しんでください。

 

冬にしかできない自然体験をどうぞ西表で。

 

ガイド飯田(写真/文)

ピナイサーラの滝&サンガラの滝を1日で!

連日の雨で、滝の水量が大幅にUPしている西表島。

 

今回はピナイサーラの滝つぼ&滝うえコースの予定でしたが、

増水のため滝うえは断念・・・

 

そこで、オリジナルコースを開催!

その名もヒナイ&サンガラ、滝巡りツアー!!(仮称)

 

感想を先に言います。

最高でした・・・

 

一日で二つの滝を見れるなんて。

しかも、その滝は極端に形の異なる滝なのです。

ピナイサーラの滝は沖縄県で1番の落差を誇る縦に長い滝。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サンガラの滝は横に長く、滝の裏側にもは入れる滝。

22642089_721122698085057_782774977_o

 

別の魅力を1日で楽しめる。

もう一度言います。

最高でした。。。

 

ピナイサーラの滝。

沖縄県で最大の落差を誇る、西表島を代表する滝です!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

雨が降り迫力がUPした滝はマイナスイオンの嵐!

僕を含めて野郎4人で浴びまくりました!

 

その後、静かなマングローブの川を進み

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ジャングルを歩き、サンガラの滝に到着!

 

こちらは横に長いのが特徴の滝!

22641955_721122658085061_1593698540_o

意外と落差もあるんですよ!

 

そして滝の裏へ行けるのもこの滝の特徴。

野郎4人、思いっきり癒されて来ました!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

22553472_719710664892927_1617946779_o

近々、通常コースとして出来ればと模索中ですので

皆さん乞うご期待!

 

待ちきれない方はお問合せください。

ご相談の上、催行させていただきます。

http://lbks.jp/wp-content/category/inquiry

 

ガイド廣瀬(写真/文)

 

 

大きなマングローブの種を発見!!

DSCF8337

カヤックで漕いでいると、たまにマングローブの種が水面に浮かんでいます。

今回拾った種は通常より大きい種!

思わず二度見してしまったほど。

 

この種はオヒルギの種ですが、

今はヤエヤマヒルギの花が散り、種がなりかけている時期です。

あと1か月もすれば、ヤエヤマヒルギの種が水面に浮かんでくる時期。

マングローブの力強さを感じる時期です。

 

ガイド飯田(写真/文)

6月22日:絶景とサガリバナ

朝から晴れており、青空がまぶしい西表島。

ピナイサーラの滝も青空をバックに爽快に流れています。

19478491_1030080000456261_640626124_o

川をのぼって、森に入ると

足元のピンクに目がとまりました。

サガリバナが散っています。

ピンクが目に鮮やかです。

P4057341

近くには、白のサガリバナも。

地面にひっそりと散るサガリバナも風流です。

頭上を探してみましたが、咲いている花やつぼみは見つけられず。。

19403743_1030080130456248_506785444_o

手にとってみると、ほわほわしてフワフワしてる。

ファサファサの手触りが気持ちいいです。

19403779_1030080057122922_1465086467_o

サガリバナの森を後にし、滝うえへ。

滝うえも絶景でした。

ぼーっと景色を見て過ごし、

日常生活を忘れられる無の時間。

完全に無の境地に達していました。

19403471_1030080167122911_1722079696_o

帰りのカヤックでも青空。

天気のいい一日で、少し暑かったですが、

青空に一日中かこまれて元気をもらえました。

19402449_1030080247122903_36243915_o

今週は、まだまだ天気の良い日が続きそうです。

 

ガイド飯田(写真/文)

6月17日:雲なんか笑顔で吹き飛ばしちゃおう!

 

雲なんか吹き飛ばせ!

天気予報は雨。

くもり空が広がる一日でした。

元気いっぱいの方々とのツアー!

自然の中で大いに笑って、元気をわけてもらいました!

川は今日もやさしく穏やか

川では風がほとんど吹いておらず、穏やかな気候。

川の水面には緑が映っており綺麗な光景です。

DSCF7559

サガリバナ多くなってきました

カヤックで漕いでいくと

サガリバナの花が浮んでいます。

ピナイサーラでもサガリバナ見れました!

カヤックで側により、じっくり観察。

DSCF7578

だんだんと、サガリバナの花が多くなってきました。

森の中のサガリバナの木も昨晩花をつけたようで

森にも花弁が落ちていました。

DSCF7582

きれいな光景です。

サガリバナに癒されながら。

滝を目指します!

DSCF7587

滝を目指せ

緑にかこまれてカヤックをすると

心が洗われていくように感じます。

気持ちが穏やかに、おおらかになってくる。

 

ジャングルの先にある光景

少し蒸し暑いジャングルを抜けた先には、

滝うえからの景色が広がります!

一緒に行った方は高いところが苦手だそうです。

自分も高いところが苦手なので、気持ちわかります。

DSCF7597

今日も自然の中で思いっきり笑った一日でした。

 

ガイド飯田(写真/文)

6月:西表島のジャングルで見られる生き物(ピナイサーラ)

西表島の6月。

梅雨入りしているのですが、雨が多く降るわけでもなく

天気がいい日が続いています。

時折、雨がパラつくこともありますが

長雨になりにくく、青空が広がっています。

 

DSCF7144

 

去年も同じような気候でした。

梅雨時期から夏のような気候。海水温が上昇してしまい、

サンゴが白化してしまったので、今年も雨、気温の推移が心配です。

 

暖かい日が続いていますので、ツアー中も生き物が多く出てきてくれます。

最近多く見られるのがこちら!!

 

DSCF7231

 

「キノボリトカゲ」です。

読んで字のごとく、木を登るトカゲでキノボリトカゲ。

指先がカリカリしており、

指先を木の引っかかりにしっかりひっかけ

どんどん木を登っていきます。

 

DSCF7235

 

ジャングルの中にひっそりとたたずんでいるので

見つけにくいですが、結構たくさん出会える動物です。

 

見た目は小っちゃい恐竜のようなフウボウ。

よく見ると目がクリクリしていてかわいいトカゲです!

 

気温が低い時はあまり見かけることができません。

寒さには弱いのか、暖かい場所でじっと隠れているようです。

 

ツアー中の一コマでした。

西表島のジャングルで、キノボリトカゲを探してみてください!

 

ガイド飯田(写真/文)

11月!ピナイサーラで滝遊び!!

こんにちは。ガイド金原です。

 

さあ今日は、北九州からMさんIさんが遊びに来てくれました。

天気は青空の広がる晴れ模様。

ピナイサーラの滝を目指して出発です!

 

O

 

広い船浦湾からのスタート!

遠くには目的のピナイサーラの滝が見えています。

 

O

 

暖かい陽射しと、穏やかな風。

プカプカ浮かんでいるだけでも十分気持ちいい~。

 

河口からヒナイ川へ入ると、さらに静けさを増します。

まるで、普段の世界からは隔離されたような不思議な空間・・・。

 

O

 

ヒナイ川の上流へ漕いで行くと、目の前にはピナイサーラ!

だいぶ近づいてきましたね!

 

O

 

ここからはカヤックを降り、ジャングルトレッキングのスタートです!

まずはピナイサーラの滝うえへ。

 

O

 

見た事もないような植物や動物達が目を楽しませてくれます。

 

「フーっ」と足を止めてひと休み。

 

O

 

けっこう高くまで登ってきました!目的地まではもう少し!

 

O

 

歩き始めて40分。さあ、ピナイサーラの滝うえ到着です!!

 

O

 

眼下には西表島の大自然!

西表島を凝縮したような、海、川、ジャングルが目の前に広がっています。

 

O

 

まずは最初の目的地、ピナイサーラの滝上を制覇した後は滝つぼへ!

再びジャングルトレッキングです。

 

滝上からの絶景を見た後だからでしょうか、足取りは軽快に。

 

O

 

キノボリトカゲとの可愛い出会いもありました。

 

DSCF7543

 

暖かな陽気に誘われ、動物達も活発に活動しているようです。

 

普段歩き慣れないジャングルの道。

足下に気をつけながら歩くこと1時間。

 

県下最大落差、ピナイサーラの滝が目の前に現れました!

 

O

 

頑張った、頑張った!

 

さあ、天気は良好!11月のコンディションとしては最高です。

滝つぼの水は冷たいけれど、ここまで来て滝つぼで泳がないのはもったいない!

 

恐るおそる滝つぼへ・・・。

 

O

 

合言葉は、

『冷たいでは無く、気持ちイイ~。』

 

O

 

何事もポジティブに考えれば体は動くものです。

 

O

 

一度入ってしまえばこっちのモノ。

疲れも冷たさも忘れ、後はめいいっぱい遊びましょう!

 

O

 

慣れてしまえば何てことはありません!

 

ミニピナイサーラで滝行!

煩悩を洗い流し、いい笑顔です!

 

O

 

O

 

これも気持ち良さそうですね!

 

O

 

真下から見るピナイサーラは迫力がまったく違います。

大自然の息吹を肌で感じ、満足満足!

 

O

 

滝つぼからあがり、体が冷えた後はあったかいサンピン茶を召し上がれ。

西表島のサトウキビで作った黒糖との相性はバツグンです!

 

O

 

サンピン茶で体を温め帰路へ・・・。

 

ここまでずっと歩いてきて、最後に泳げば

もう足の踏ん張りは聞きません(笑)。

足下に気をつけ、よんなーよんなー。(ゆっくりゆっくり)

 

O

 

最後は、青空の下でマングローブカヤック。

 

O

 

終始えがおで楽しそうにツアーに参加してくださったMさん、Iさん。

今日一日、本当にお疲れさまでした!

機会があれば、いつでもお待ちしております。

また一緒に遊びに出かけましょうね!

 

O

 

ガイド金原(写真/文)

ピナイサーラの滝ならLBカヤックにお任せ!

一緒に滝のパワーをもらいましょう!

 

 

女子6人旅!ピナイサーラの滝一日満喫!

こんにちは。ガイド金原です。

 

今日遊びに来てくれたのは、元気で仲良しな女子6人組み!

会社の同期らしく、今年が1年目。たまには息抜きも必要ですよね。

 

と言うことで、元気にピナイサーラの滝を目指し、行ってきまーす!

 

O

 

まずスタートは広い船浦湾から。

天気も良く、気持ちよくカヤックを漕ぎ進めていきます。

目指すはヒナイ川。

 

O

 

みんな良い笑顔ですね!

 

O

 

だんだんマングローブが近づいて来た!

 

O

 

船浦湾とヒナイ川の河口部から川へと入っていきます。

 

O

 

マングローブの川の中で聞こえてくるのは自然の音だけ・・・。非日常的な空間。

 

O

 

ピナイサーラの滝を目指し、マングローブカヌーのあとはジャングルトレッキング!

まずは滝うえへ!

 

O

 

道中にはこんなに可愛い出会いも!

 

IMG_0149

 

歩き慣れない道なき道を行き、みんな無事に滝うえ到着!

 

O

 

カヤックを漕いで来た船浦湾とヒナイ川があんなに遠くに見えます。

 

O

 

達成感もひとしお!この景色を見たら、疲れも吹き飛びますね!

 

O

 

上から滝つぼを覗くとこんな感じ・・・。

 

O

 

このコースは滝うえまで来て終わりではありません。

次は、この滝つぼを目指して行きます!

 

ジャングルを歩くのも段々慣れてくると、足取りも軽快に!

 

O

 

途中には、こんなに立派な大木もあります。

 

O

 

まだまだ元気な6人はペース良く歩き進め、ほどなく・・・。

 

滝つぼ到着~!

 

O

 

滝のしぶきが火照った身体をクールダウンさせます。

 

O

 

滝つぼで身体を冷やしたあとは、暖かいさんぴん茶でホッと一息・・・。

自然のど真ん中にいることを思い出させます。

 

O

 

さあ、あとは来た道を戻り、最後はカヤックで。。。

 

O

 

O

 

O

 

一日ピナイサーラの滝を満喫し、終始元気に参加してくれた皆さん!

今日一日、本当にお疲れさまでした!

西表島の大自然が恋しくなったら、またいつでも遊びに来てくださいね!

 

ガイド金原(写真/文)

ピナイサーラの滝ならLBカヤックにお任せ!

一緒に滝のパワーをもらいましょう!