6月:西表島のジャングルで見られる生き物(ピナイサーラ)

西表島の6月。

梅雨入りしているのですが、雨が多く降るわけでもなく

天気がいい日が続いています。

時折、雨がパラつくこともありますが

長雨になりにくく、青空が広がっています。

 

DSCF7144

 

去年も同じような気候でした。

梅雨時期から夏のような気候。海水温が上昇してしまい、

サンゴが白化してしまったので、今年も雨、気温の推移が心配です。

 

暖かい日が続いていますので、ツアー中も生き物が多く出てきてくれます。

最近多く見られるのがこちら!!

 

DSCF7231

 

「キノボリトカゲ」です。

読んで字のごとく、木を登るトカゲでキノボリトカゲ。

指先がカリカリしており、

指先を木の引っかかりにしっかりひっかけ

どんどん木を登っていきます。

 

DSCF7235

 

ジャングルの中にひっそりとたたずんでいるので

見つけにくいですが、結構たくさん出会える動物です。

 

見た目は小っちゃい恐竜のようなフウボウ。

よく見ると目がクリクリしていてかわいいトカゲです!

 

気温が低い時はあまり見かけることができません。

寒さには弱いのか、暖かい場所でじっと隠れているようです。

 

ツアー中の一コマでした。

西表島のジャングルで、キノボリトカゲを探してみてください!

 

ガイド飯田(写真/文)

One Response to “6月:西表島のジャングルで見られる生き物(ピナイサーラ)”

Leave a Reply for -西表島の自然をカヌー・トレッキングで遊ぶ・楽しむ・体験する-