このツアーの詳細をチェック!
西表島では1年を通じてホタルを見ることができます。このホタルという小さな生き物は、人間と同じ場所に生息する生き物です。ホタルが見られる環境は、人と自然が共存できている証拠になります。

では、皆さんの暮らしている場所はどうでしょうか。コンクリートで固められ、人工物にあふれる都会では、小さな生命の存在すら忘れてしまっていませんか?

暮らしの近くにある小さな生命にふれあうことで、自然の大切さを思い出してください。そこには私たちの暮らす生活環境を考え直すきっかけがあるはずです。

身近な生活の中に自然を感じ、私たちにできる範囲の環境にやさしい社会を考えるエコツアー&ワークショップです。
タイトルや写真を写真をクリックして、ツアーの詳細をお確かめください!

DAY-1
ナーラ川支流、沢歩きと干潟観察←詳しくチェック!
西表島の中でも有数の自然美を誇るナーラ川。

船浮湾に面した河口は大きな干潟を形成し、特殊な環境に生きるマングローブとマングローブ帯や干潟を住処とした、生き物たちが力強く賢く生きています。

干潟は川の中流域まで続き、川岸にはマングローブが所狭しと生い茂っており、羽を休める渡り鳥や、潮に乗って海からやってくる大小さまざまな海の魚が見られます。

4月上旬季節は春から夏へ。暖かな南風と共にリュウキュウアカショウビンが飛来する頃となります。

ナーラ川のマングローブ域には、数本の支流があり、蛇行を繰り返す支流をさかのぼると、景色はジャングルへと移り変わっていきます。

ジャングルからは、南国らしい花の甘い香りや手付かずの自然が育む、木々や土の匂いがします。自然の香りに気持ちはリラックス状態。

しかし、迫る巨大シダや生き物の鳴き声を聞くと、わくわくドキドキの探検気分も味わえます。のんびりナーラ川支流のジャングル・クルーズを楽しみましょう!

ナーラ川支流の上流は、ジャングルの中を渓流が流れます。苔むす一面の緑と冷たい水。爽やかな空気に包まれるサワートレッキング(沢遊び)で、西表島の自然が凝縮された自然を思う存分に感じて下さい。

干潟が大きく出現し、上陸して見られる時間帯がありますので、干潟観察をします。

マングローブが生み出す独自の生態系を垣間見ることで、厳しい環境に生きるための智恵を学ぶことで、私たちの実生活を少し見直すきっかけが生まれます。

小さな命の一生懸命に生きるさまは、自然の尊さや生命の大切さをより強く感じさせてくれます。
 満月の夜、八重山の歌を聞こう←詳しくチェック!
当日は満月です。西表島を照らす満月の月明かりに驚くほど明るい夜となります。せっかくの満月ですので、普段聞くことはできない地元奏者による八重山の唄でこころをリラックスしましょう。

奏者は地謡(じかた)と呼ばれ、生まれた頃から音楽にふれあい、地域を支えてきた歌や三線です。

西表島を唄った歌をメインに歌ってもらいます。苦難を乗り越えた八重山の歴史を歌う古典民謡や地元島人がこころを寄せて歌った歌に耳を傾けて下さい。

音楽には不思議な力があることを実感できます。歌声にどこか懐かしさを感じ、温かな気持ちになります。

島人と過ごすことで、八重山の夜の過ごし方を体験することができます。人のこころの温かさにふれるひと時をのんびりと楽しみます。
08:30 集合・お迎えを始めます 9:00頃に白浜港に集合できるようにお迎えにあがります
09:30 白浜港より
スタート
レクチャー後、カヤックに乗り、白浜港からスタートします。白浜港から仲良川河口を目指します!
10:00 ナーラ川河口
〜中流域
ナーラ川河口付近は、満潮時は海となり、干潮時は砂浜となる干潟です。川辺にはマングローブが群生しています。
10:30 マングローブ
の中洲で休憩
マングローブの川をしばらく進むとマングローブが盆栽のように点在し、川から姿を見せます。マングローブの近くで休憩します。
11:00 ナーラ川支流
ジャングルへ
ナーラ川は大きな本流に流れ込む支流が数本あります。その中の2番川へ入ります。川幅は一気に狭まり、蛇行を繰り返す、ジャングル・クルーズの始まりです!
11:30 ジャングルの
奥で沢遊び
支流の奥にある、苔むす渓流で沢遊び、サワートレッキングを楽しみましょう。濃淡さまざまな緑がとても美しい景観です。ジャングルを思う存分に体験してください。
13:00 ジャングルで
昼食
沢を下りて、カヌーで少し下流に戻ったところで昼食にします。
※食事について
14:00 ナーラ川
干潟へ
当日は干潟の出る時間帯に合わせて行動しますので、帰路、海や川は干上がり、行きとはまるで同じ川とは思えない景色が見られます。
干潟では、マングローブとマングローブを取り巻く生き物の世界を観察しましょう。厳しくも豊かな自然を象徴するマングローブの森で生命の営みにふれあいましょう。
15:00 ナーラ川河口
から白浜港へ
ナーラ川の河口に戻り、白浜港を目指します。当日の状況によっては、エンジン船の航路付近を進む場合もありますので、ガイドの指示に従い安全に帰りましょう!
15:30 白浜港到着 白浜港到着!お疲れさまでした。道具を片づけて、宿に戻りましょう!
 20:00 島人が歌う
八重山の歌
夜は、食事が終わった後、島人に八重山の歌を聞かせてもらいます。
〜1日目終了〜

DAY-2
ゲータの滝で滝遊び&西表島温泉←詳しくチェック!
西表島には豊かな森に育まれたジャングルの清流が幾つもあります。清流は砂岩の岩盤を流れ落ち、滝となります。豊かな山の恵みは水に流れ、海へ還ります。

ゲータの滝は、海にほど近い崖から流れ落ちる滝です。海からマングローブ帯、湿地帯を抜け、渓流部へ。川の中を滝まで歩いて行くことができます。

西表島を構成するさまざまな地帯を、自分の歩くスピードで見て回れます。行程上、そんなに急ぐコースではありませんので、のんびり自分のペースで自然と遊んでください。

ゲータの滝つぼは、泳げるほどではありませんが、滝を直に浴びたり、疲れたからだをつめたい水にひたすのに、ちょうど良いくらいのスペースです。

滝へついたらまずは深呼吸。マイナスイオンをたっぷり含んだ新鮮なジャングルの空気をカラダいっぱいに吸い込んでください。フレッシュな酸素にはカラダを健康に保つ働きがあります。

軽めの運動をしながら呼吸をする。西表島では、それだけで血液中の酸素が活性化され、ちょっと元気になれるはずです。

水辺で思いっきり遊んだあとは、日本最南端・最西端の温泉施設へ行きましょう。少し冷えたカラダを温めます。

沖縄の温泉は、内地と違い火山性の温泉ではありません。海底の奥深く、地中にできた穴に溜まった水が永い年月を経て、ゆっくりと温まった温泉です。

ですので源泉の温度はそれほど高くありませんが、ゆっくり温まるにはちょうど良い温度です。時間をゆっくりとって、のんびりくつろぎましょう。
ヤエヤマボタル鑑賞←詳しくチェック!
夜のジャングルへ出かけます。目的は日本一小さなヤエヤマボタル。皆さんが想像しているホタルとは様子が違います。

ヤエヤマホタルは陸生のホタルですので、水辺にはいません。発光はイルミネーションのような点滅を繰り返します。ジャングルに集団で飛翔し、発光を繰り返します。

ホタルは幼虫でいる期間が長く、種類によっては成虫になると、飲まず食わず、ただ生命のバトンを次の世代に渡すためだけに全力を注ぎます。

生命を燃やす、儚さ故の美しい発光。その様子はとても幻想的で、時間を忘れて見入ってしまうほどです。

また、ホタルが生息できる環境は、人間によって大きく左右されます。つまりホタルと人間の共生は、自然の状態を示すバロメーターの役割を担っています。

本来、人間とホタルは、同じ場所に住み暮らしていいました。仲良く共生してきた生き物なのです。

西表島では、年間を通じて、数多くのホタルが観察できます。都会で失われてしまったホタルの発光。本来の自然に近い人間の営みを感じて下さい。
08:30 集合・お迎えを始めます 9:00頃に白浜港に集合できるようにお迎えにあがります。
09:30 大見謝川
ロードパーク
スタート
大見謝川からシャワートレッキングでゲータの滝を目指します。川の冷たい水で足下がなんとも気持ちの良い瞬間です!
10:30 ゲータの滝
到着
ゲータの滝に到着。川筋が二股に分かれ落ちる美しい姿をした滝の前にいると、時間を忘れてしまいます。しばしの間、頭をカラッポにして、ゆっくりとした時間を過ごしましょう。
12:00 大見謝川
ロードパーク
到着
川沿いには苔むす、「もののけの景色と亜熱帯植物群とふたつの景色が同時に見ることができます。
※食事について
13:30 西表島温泉 昼食後、大見謝川から車で西表島温泉へ移動。滝の冷たい水に冷えたカラダを温泉にゆっくりつかって温めましょう。
15:00 宿泊先へ 温泉で疲れをとったら宿泊先までお送りします。少し休憩をして、夜のホタル鑑賞に備えてください。
18:30 ホタル
観察ツアー
スタート
暗くなる少し前に宿泊先までお迎えにあがります。日暮れと同時に飛翔、発光するホタルですので、夕暮れのジャングルへでかけます。
20:30 ツアー2日目終了 約2時間のホタル鑑賞、美しいイルミネーションのようなホタルの発光の余韻に浸りながら、宿泊先までお送りします。
〜2日目終了〜

DAY-3
月が浜、シーカヤックで遊ぼう!←詳しくチェック!
西表島には珍しい、極め細やかな砂粒の美しい砂浜が続く月が浜。そこから出発するチャレンジ!シーカヤッキング。穏やかな海を周遊するクルージングを楽しみましょう!

砂浜からシーカヤックに乗り込み水に浮かぶ。浦内川の河口部には、アトク(宝)島と呼ばれる切り立った岩盤が切り離されて海に浮かびます。

河口を横断し、対岸へ渡ると、切り立った岩盤に見える地層がダイナミックな景色。訪れる人もいない小さな砂浜で休憩。穏やかな波音に耳を傾けながら、自然に合わせた時間を過ごしましょう。

湾の入り口付近に近づくと、外洋から入り込む海水は澄みわたり、海中に美しいサンゴの群生が見られます。そのまま穏やかな湾内で少し遊びながら約1時間程度のシーカヤックを楽しみましょう。

カヤックを砂浜にあげたら、月が浜で昼食。

西海岸、サンゴの礁池さんぽ←詳しくチェック!
昼休みのあとは、集落やパイン畑をさんぽしながら、星砂の浜まで徒歩約20分。星砂の浜へ下りるころにちょうど干潮時刻を迎えます。

干潮時は、海はリーフエッジまで歩けるほど干上がりますので、今度は干潮でできた礁池の水族館を観察しながらミミキリの浜まで歩いて行きましょう。

礁池には、生きた状態の星の砂や太陽の砂。取り残された亜熱帯の海に暮らす彩豊かな熱帯魚が見られ、イソギンチャクに暮らすカクレクマノミも歩いて探すことができます。

潮が満ちてくるまでわずかな時間だけ、現れる特別な環境です。普段は海の中に沈んだ景色です。竜宮城を想わせるような美しい岩礁帯とサンゴの海、魚たちの世界を楽しみましょう!
9:00 集合・お迎えを始めます 10:00頃に月が浜からスタートできるようににお迎えにあがります。
10:00 月が浜から
スタート
月が浜の砂浜から海に浮かびます。浦内川河口のマングローブや宝島(アトク島)、美しい砂浜のロケーション。
11:00 月が浜周遊
カヤック
・クルーズ
月が浜でゆっくり海に浮かびます。少し離れた無人のビーチに上がり休憩しましょう。
12:00 月が浜で
昼食
カヤックを砂浜に上げて、昼食をとります。海を見ながらの食事は格別ですよ!
※食事について
13:00 片付け、
さんぽ
しながら
星砂の浜へ
カヤックを片付けたら、みんなで少し歩きます。集落からパイン畑を抜け、星砂の浜までは、徒歩約20分。
14:00 西海岸の
礁池を歩く
自然観察
星砂の浜に下りると、海は大きく干上がり、リーフエッジのサンゴまで歩いて見にいけるほどです。
15:00 星砂の浜
から
ミミキリ
の浜へ
星砂の浜からミミキリの浜まで、サンゴの海を歩いて自然観察。特殊な環境を間近でみる感動があります。
16:00 月が浜で
さんぽ終了
ミミキリの浜に到着、ジャングルから、パイン畑を抜けると集落を抜ける道路へ。月が浜を歩きながら戻ります。
20:00 ぶがりなおし 3日間の「島旅」をしめくくる食事会を予定。会場まで送迎します。思い出話に花を咲かせながら、ビールで乾杯!
〜3日間終了〜

デイキャンプTOPへ戻る
デイキャンプツアーのコンセプト
エコツアー&ワークショップ
ツアー一覧

カクレクマノミ&ヤエヤマボタル鑑賞
を楽しむ島旅 全日程
DAY-1
ナーラ川支流、沢遊びと干潟観察
満月の夜、八重山の歌を聞こう
DAY-2
ゲータの滝で滝遊び&西表島温泉
ホタル観察ツアー
DAY-3
月が浜、シーカヤックで遊ぼう!
西海岸、サンゴの礁池さんぽ
ぶがりなおし(文化体験)

デイキャンプツアーのご料金について

料金詳細

LBカヤックがご案内するのは、3日間のツアー料金となります。

このほかに航空・船のチケット+宿泊費4泊5日がかかります。
西表島でのご宿泊について

西表島西部地区でのご宿泊となります。
LBオススメの宿をご紹介しますので、ご参考にどうぞ!

白浜地区
金城旅館
上原地区

1

西表島入り
20:00頃
事前
打ち合わせ
2

ツアー
1日目
3

ツアー
2日目
4

ツアー
3日目

全行程終了
5

ツアー前日までに西表島にいらしてください。

夜20:00頃から3日間の予定をご説明しながらワークショップします。
ツアーの最終日にはぶがりのおし(沖縄風おつかれさま会)を行います。

3日間の思い出話に花を咲かせ、最終日の夜を締めくくりましょう!
という訳ですので、デイキャンプツアー3日間を含む、計4泊5日分のご滞在となります。

5日目以降は、皆さまご自由にお過ごし下さい
ご予約・お問い合わせ

LBカヤックステーション
〒907-1541(西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116

TEL:0980-85-6660
FAX:0980-85-6678

Mail:info@lbks.jp

LBカヤックのすべてのホームページは、素材などは購入することもありますが、LBスタッフが全員で手作りで更新しています。
日々より良い情報を皆さまにお伝えできるように改善を心がけていますので、ご意見やご感想は、お気軽にご連絡下さい。

エル・ビー・カヤックステーションのホームページに使われている、写真及び文章等の無断使用及び転用を禁止いたします。
(C)Copy Right L.B.KAYAK STATION 2010 All Rights Reserved.