エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
2008年12月13日(土) 「イリオモテボタル観察会1日目」
オオシママドボタルの発光
2008年12月13日18:30頃撮影 オオシママドボタル 國見

■西表島の子供達とのホタル観察会が始まりました。私達は、毎年「エコクラブ」の活動をサポートしています。観察初日は、昼頃より北風が強まり、気温が下がリますが、暖冬の影響なのか、例年と比べると暖かく感じます。

■雨上がりの曇り空の下、日が暮れ始めた頃に、数名のグループに別れ、各ポイントを見てまわりました。風の強い中、普段は飛翔しながら発光するオオシママドボタルは、風に飛ばされないように草や木につかまり、発光していました。

■数年前には、沢山見られたホタルも、地球温暖化の影響なのか、開発されたことで個体数が減ってきているのか、近年では、あまり見つけることができません。毎年、同じ時期に同じ場所で観察することで、色々な事が解明されていくのでしょう。

國見


お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★12月14日へ
ホタル観察記TOPへ戻る