エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
2008年12月14日(日) 「イリオモテボタル観察会2日目」
オオシママドボタルの幼虫
2008年12月14日18:45頃撮影 オオシママドボタル 國見

■観察2日目、大陸高気圧の張り出しによる寒気の影響で、気温が20℃となり、前日と比べて-3℃と急激な冷え込みとなりました。北東の風が強く吹く、寒空の下での観察となりました。

■この日は、皆の集合が早く、普段より10分ほど早く観察へ向かいました。そのためか、天候の急変が影響したのか、オオシママドボタルの個体数が少なく、イリオモテボタルも見つける事ができませんでした。

■2006年からホタルの個体数が激減している様子です。環境の変化や気温の上昇による、季節のズレなどが影響しているのでしょうか。毎日の観察や記録によって、いずれは詳しく解明されるでしょう。

國見


お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★12月13日へ

★12月15日へ
ホタル観察記TOPへ戻る