エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
2008年12月16日(火) 「イリオモテボタルの観察会4日目」
木の実の籠で光るホタル、風情があります。
2008年12月16日21:00頃撮影 オオシママドボタルと虫かご 國見

■イリオモテボタルの発光もようやく見られ一安心。気温は低いが、北東の風は穏やかで、寒さはさほど感じない。昼間の雨のせいか、湿度が高く、昨日より暖かく感じた。

■ここで余談ですが、上の写真はホタルの虫かごです。木の実をくりぬいたなんとも可愛らしい虫かごです。昔は、ハスノハギリの半透明な実でもホタルの虫かごを作って遊んでいたそうです。上の写真が、カゴの中で発光している様子です。

■オオシママドボタルが16個体、イリオモテボタルが1個体見つかった。今日は風がおとなしいので、森の中を発光しながら飛翔するオオシママドボタルが美しかった。

■新種?ではなく推定だが、アカホタルモドキの幼虫が沢山いた。3年間の観測の中でも初めて見るホタルに興奮したが、一体ナニホタルだろう。詳しく調べてみよう。


國見

お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★12月15日へ

★12月17日へ
ホタル観察記TOPへ戻る