エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
2008年12月19日(金) 「イリオモテボタルの観察会7日目」
イリオモテボタルのメスがお尻をツンと上げてオスを待っています。
2008年12月19日18:30頃撮影 イリオモテボタル 國見

■いよいよ、地元小中学生「エコクラブ」とのホタル観察会も最終日を迎えてしまいました。今日こそは、いっぱいのイリオモテボタルの発光が見たい!と、期待をしつつ観察へ向かいます。

■18日に見つけたイリオモテボタルは、20:58分まで(観察から2時間30分)もの時間を発光していたそうです。イリオモテボタルの発光は日没から30分程度と言われているので、珍しい事です。

■イリオモテボタルの動きは、見た目からは想像できないほど早く、近づきすぎると、あっという間に地中へ潜ってしまいます。数分まっているとまたお尻を上げ、発光していました。

■ホタルは、まだこれからも発光を続けます。エコクラブでの観察は終わりますが、これからがホタルの恋の季節は本番を迎えます。ホタル観察記はまだまだ続きますので、今しばらくお付き合いを宜しくお願いします!

國見


お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★12月18日へ

★12月20日へ
ホタル観察記TOPへ戻る