エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
2008年12月22日(月) 「イリオモテボタルの観察」
2008年12月22日15:00頃撮影 オオシママドボタル 國見

■昨日までの好天とはうって変わって、寒気の影響で冷たい雨を降らせながら強く吹きます。曇天の空の下では気温も低く、身体も気持ちも縮こまるような天気の西表島。2日ぶりのホタルの観察に行ってきました。

■本日の観察するポイントは、風の影響など天気の急変に対応するのか、気温が16℃と低すぎるのではないか、急に変わってしまった西表島の様子に小さな昆虫はどれだけ対応でいるのでしょうか。

■観察結果は、本日はホタルを見つけることはできませんでした。場所・時間は変えていませんので、変わっているのは、天気です。風や雨の影響はあるにしても、雨の日に発光を見た事があります。風の強い日も森の中で発光している姿も確認済みですので、実際はあまり関係ないのでは?と思います。

■では、一体何が原因で見つからなかったのでしょうか。1つは、ホタルが出現するポイントが、この2日間で変わったのかも知れません。もう1つは、気温の急激な低下です。これは、ホタルが発光をやめる気温や時期がわかれば、解るかもしれません。

國見


お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★12月19日へ

★12月23日へ
ホタル観察記TOPへ戻る