エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
2008年12月25日(木) 「イリオモテボタルの観察」
西表島のクリスマスを飾るイルミネーション
2008年12月25日18:45頃撮影 イリオモテボタル 國見

■西表島に日差しの暖かさと冷たい風が交互にやってきます。南の島のクリスマスは、ホタル達の季節です。北東の風がやや強く、小雨まじりの曇り空に、そろそろ冬本番がやってくる様子です。

■観察していた数個体のホタルも相手を見つけたみたいで、発光を止めたイリオモテボタルもいます。オスとの出会いが確認できていないのが残念ですが、根気良く観察を続けていれば、チャンスもあるでしょう。

■本日の観察では、イリオモテボタルが新たに2個体、先日見つけたイリオモテボタルが1個体見られました。このところ姿が見られなかったアカホタルモドキも見つけました。

■気がついたことは、オオシママドボタルの幼虫も多く、餌になるカタツムリも見られました。雨上がりの湿度や気温がホタルにとって過ごしやすい環境だったのではないでしょうか。

國見


お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★12月23日へ

★12月28日へ
ホタル観察記TOPへ戻る