エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
2008年12月28日(日) 「イリオモテボタルの観察」
2008年12月28日18:30頃撮影 アカホタルモドキの幼虫 國見

■年の瀬もせまる12月の終わりですが、まるで真夏のような暑い日が数日間続きました。暖かな南風から冷たい北風へ、前線の通過で、夏と冬季節感を忘れてしまいそうな陽気です。

■暖かな日が続き、ホタルも一休みでしょうか。姿があまり見られませんでした。北風が吹き、気温が下がるのを期待しました。午後から降り始めた雨が夕方になり時折激しく降りました。

■森の中、風に揺れる葉の裏側に、オオシママドボタルの発光が見られます。雨露の乱反射の中、地面にも小さな弱い発光が見られました。イリオモテボタルにしては小さな光の正体は、アカホタルモドキでした。

國見


お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★12月25日へ

★1月3日へ
ホタル観察記TOPへ戻る