エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
2009年1月10日(土) 「寒波襲来!」
寒さに震えるオオシママドボタル
2009年1月10日19:00頃撮影 オオシママドボタル 國見

■数日前の夏のような日差しが嘘に思えます。気温は12.5℃と、急激な冷え込みに厚着を重ねて対応しています。そんな寒さの中、ホタルたちの様子を見に行ってきました。

■人間であれば、服を着込んだり、暖房をつけたりして、寒さを和らげる事ができますが、森の生き物たちは、一体どうやってこの寒さから逃れるのでしょうか。

■やはり、急激な寒さは、小さな昆虫にとっては厳しい環境なのか、ほとんどホタルの姿は見られません。唯一、見つけたホタルは寒さに震え、地面を這うような鈍い動きでした。

■強い北風も低い気温も、雨が降っていようともイリオモテボタルの発光を妨げる障害にはなりません。ただ、急激な気温の変化にはあまり対応できないのかも知れません。

■明日は寒さも和らぎ、人間にとってもホタルにとっても過しやすさが戻るでしょうか。

國見
お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
(西表島西部地区)
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★1月8日へ

★1月11日へ
ホタル観察記TOPへ戻る