エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
2009年1月11日(日) 「イリオモテボタルと世界」
民家の垣根で発光、イリオモテボタル。
2009年1月11日19:00頃撮影 イリオモテボタル 國見

■1994年に発見されたイリオモテボタルですが、このホタルの発見が日本と世界をつなぎます。西表島と中国大陸に生息するホタルは、近い種類なのです。

■また、イリオモテボタルの同種が南米で発見されました。これが意味することは、太古の昔、中国大陸と南アメリカ大陸がつながっていたと言うことです。

■西表島で発見されたホタル。同種が世界各地で発見され、西表島を中心に世界をつないでいるのです。イリオモテボタルの光を消すわけにはいかないのです。

■ジャングルだらけの西表島ですが、イリオモテボタルは、人間の生活圏である、集落の中で見る事ができます。つまり人間と共生してきたホタルだと言えるのです。

■つまりは暮らしている人間の心ひとつで、この種が生き残るのか、絶滅してしまうのか。が、決まります。不便さゆえ、残る自然や生き物。心の絆が大切なのだと思います。

國見


お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★1月10日へ

★1月12日へ
ホタル観察記TOPへ戻る