エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
2009年1月12日(月) 「イリオモテボタルを追う」
農道の側溝で発光するイリオモテボタル
2009年1月12日19:00頃撮影 イリオモテボタル 國見

■イリオモテボタルは、西表島の東から西へ向って順々に発光していく事が解っています。大原から上原、白浜へ季節をずらして発光します。

■今までの観察場所での発光が確認できなくなって2日、先日たまたま歩いた場所で見つけたイリオモテボタル。新しい場所での観察も行いました。

■特定の場所での発光の終結を確認するのに、もう少し時間をかけて観察したいと思いますが、ホタルが見られないのも困るので、2つの場所で観察を行います。

■イリオモテボタルは、人里密着型のホタルで、集落のない場所にはいないと言われています。イリオモテボタルが生活できる環境は、沖縄らしさが残る場所なのです。

■自然と人間の生活が、バランスよく保たれていれば、いつまでもイリオモテボタルは、冬の夜に灯りを灯すでしょう。健全な自然の中で暮らしていると、コンクリートに固められた街はどこか味気なく感じます。

國見


お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★1月11日へ

★1月14日へ
ホタル観察記TOPへ戻る