エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
2009年1月14日(水) 「消えたホタルの光」
飛べ!オオシママドボタル!
2009年1月4日16:00頃撮影 オオシママドボタル 國見

■冷たく強い北風が、西表島に「亜熱帯の冬日」を運んできました。ここ数日間は、寒さに身体が縮こまっています。春が待ち遠しい季節となりました。

■ホタルの観察を始めて約1ヶ月が過ぎようとしていますが、ホタルの発光を捉える事ができませんでした。どんな悪天候にもなにかしら見れていたのですが…

■そろそろ冬のホタルの発光時期は終わりなのでしょうか。その答えはもう少し先にのばして、観察を続けていきます。あんまり寒すぎてもダメなのかも知れません。

■冬にホタルの発光が見られるなんて、旅行にいらっしゃる方もあまり知らないと思いますが、夏は暑すぎるのでしょう。蚊も夏本番は少なく感じます。

■考えようによっては、秋から冬へ変わる短い季節の移り変わりは、暑すぎず寒すぎずちょうど過ごしやすい季節なのかも知れません。短い冬もあと僅か、ホタルの季節はまだ続きます。

國見

お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★1月11日へ

★1月18日へ
ホタル観察記TOPへ戻る