エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
2009年1月28日(水) 「小春日和」
発見!キイロスジボタル。
2009年1月288 19:00頃撮影 キイロスジボタル 國見

■昨日までのシトシト雨が嘘のように晴れました。天気予報ははずれましたが、北風もすっかりその勢いを弱め、このまま冬も終わりを告げるのかと、思うような西表島です。

■薄暗くなった頃からオオシママドボタルの幼虫が無数に森の中で発光しているのがわかりました。1ヶ月近く観察を続けた甲斐があって、光でホタルを見分けらるようになりました。

■風に揺れる草の陰で、普段見慣れない発光を見つけました。季節は早いですが、点滅しているようにも見えた発光に、ヤエヤマボタルかと思い近づいてみました。

■見れば何となく覚えのあるホタルがいますが、やえやまボタルではありません。キイロスジボタルが発光していました。点滅に見えたのは、草で隠れていただけです。

■調べたところ、春・秋のホタルですが、気温が暖かければ1年を通じて発光しているようです。小さな虫との出会いが、束の間の春を感じさせてくれますね!

國見


お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★1月20日へ

★2月2日へ
ホタル観察記TOPへ戻る