エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
2009年1月8日(木) 「イリオモテボタルの個体数」
ホタルが暮らせる環境が大切!
2009年1月8日18:45頃撮影 イリオモテボタル 國見

■突然訪れた夏日、暑い暑い日が2日間続いたかと思うと、今度は天候が一転。大陸からの寒気が南に下りてきて、寒さを感じる冷たい雨の1日となりました。天気予報が当りません。

■イリオモテボタルの観察を始めて、1日に見る事ができた個体数は4個体です。現在はと言うと、観察できているのは1個体しかません。毎日のように観察していますが、個体数はやはり少なく感じています。

■毎日同じ場所で観察していますので、気温や天候の変化と照らし合わせて、過去の個体数と比べるとやはり減少傾向かな、と感じています。環境の変化、温暖化の影響。それ以外にも何か理由があるのかも知れません。

■街灯のない夜になると暗くなる西表島だから、このイリオモテボタルは、発光し相手を見つけます。光が近くにあると相手が見つかりにくいのでしょう。人間の便利さに合わせた環境では、自然に生きる生物にとって不都合が生まれる事があります。自然界と人間社会のバランスは難しいですね。

國見
お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★1月6日へ

★1月10日へ
ホタル観察記TOPへ戻る