エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
12月11日(土) 「イリオモテボタルの観察会」
2009年12月11日 18:45.分頃 國見撮影

〜2009年冬西表島にホタルの発光が戻ってきました〜

■西表島の12月は、北風と共に冬が訪れる季節になります。冬にホタルと言うと想像するのも難しいと思いますが、初冬の頃に数種類のホタルの発光が見られます。

12月の西表島では、風のあたらないジャングルの中を飛翔しながら発光する「オオシママドボタル」と、メスがお尻を突き上げて発光する「イリオモテボタル」が見られます。

私達は、毎年この時期になると「西表エコクラブ」のイリオモテボタル観察会で子供達をサポートしながら参加しています。クラブの活動としてホタルの観察会は11年目になるそうです。地域の子供達が熱心にホタルを観察しています。

■2009年12月11日18:20分、観察初日です。穏やかな北東の風が吹いています。日中は日が射していたので暖かいイメージがありますが、日没後に気温は21℃まで下がりました。

2008年の観察時は、暖かく観察を始めてから数日後にようやく発光が始まりましたが、今年はどうでしょうか。グループに分かれて同じルートを同じ時間に通ります。気温や天気の違いを比較しながら1週間、毎日観察を続けます。なかなか本格的です!

歩き始めてすぐ、目の前をホタルがフラフラと風に流され発光している姿が見られました。「オオシママドボタルだ!」今年初めて見るホタルに小学生は大きな声で喜んでいました。

ホタルを追いかけると、今度は「イリオモテボタルだ!」と声が聞こえました。コンクリートの上、小さなメスがお尻をツンと突き上げ発光していました。2009年は観察初日からイリオモテボタルに会えました。

このあと、30分間の観察で計6匹のイリオモテボタルと20匹のオオシママドボタルを見る事ができました。まずは今年もホタル達に出会えてひと安心です。

また、西表島にホタルの季節がやってきました。

國見

お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★6月6日へ

★12月12日へ
ホタル観察記TOPへ戻る