エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
12月12日(土) 「観察2日目」
2009年12月12日 19:15分頃 國見撮影

〜2009年冬、西表島にホタルの発光が戻ってきました〜

■イリモテボタル観察2日目です。天気は雨、穏やかな東風が吹き、気温は21℃の観察開始となります。夕方から降り始めた冷たい雨が少し心配です。

過去3年の観察で、イリオモテボタルはあまり雨を気にしていないようだという事がわかっています。観察を始めると昨日の発光場所でイリオモテボタルのメス1個体を確認しました。

オオシママドボタルは、雨に濡れた身体で飛翔するのがイヤなのでしょうね。葉の裏にしがみついてジッとしていました。時折風に揺られて葉の影から光が見えます。

今日はイリオモテボタルを顕微(けんび)鏡で見る事ができました。拡大してみるとまるでエイリアンのように、なかなかするどい顔つきをしていました。しかし、見れば見るほど不思議な生き物だと改めて思いました。

國見

お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★12月11日へ

★12月13日へ
ホタル観察記TOPへ戻る