エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
12月16日(水) 「ホタルの発光確認順調」
イリオモテゾボタルの光の色
2009年12月16日 18:30分頃 木下撮影

〜2009年冬、西表島にホタルの発光が戻ってきました〜

■西表島にも寒波が下りてきています。北風が強く吹く日が続き、観察時に気象庁の実測風速が6m吹いていました。気温は19℃、風もあいまって寒く感じます。

■今日もイリオモテボタルの発光を確認しました。昨日は、オスの個体が確認できたので、今日の観察はとても興味深かったです。私の観察している定点では昨日と同じ2匹の発光を確認、合計で5匹のホタルが発光していました。

■昨日観察し、交尾を試みようとしていたメスの個体は今日も発光していました・・・と思います。離した場所から30cmくらいの移動があったと言う事なので、この辺が観察の難しい所です。相手をまだ探しているのかな?それとも別のホタルなのかの判断は難しいですね。

■毎日のように見つける、少し傾斜のある場所では、観察のポイントが少し移動していました。計6日間の観察のなかでは大きく移動していました。

■同じ場所を同じ時間に観察する事で、想像や仮説が色々と立てられます。その仮説が観察で裏付けられ、事実になっていきます。

■今年は、まだ観察時の気温18度を切る事がないので、イリオモテボタルの観察でキーポイントになっている気温の変動によって、個体数が変わってくるのか楽しみです。ただ、18℃でなくても確認しているので・・・。

■西表エコクラブでの観察は、明日で最後です。1つの結果として楽しみです。

木下

お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★12月15日へ

★12月17日へ
ホタル観察記TOPへ戻る