エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
2月12日(木) 「ホタルの代わりに」
2009年2月108 19:15頃 暗闇のジャングル 國見撮影

■■南風が西表島の生き物に春を告げています。気温も高く感じたので、今日こそは!という想いで、森に入りました。結果で言えば、残念ながらホタルに春は届きませんでした。

■森の中では、様々な生き物の息吹が聞こえてきます。いままで感じられなかったコウモリの存在や今まで見られなかった花の開花もみられました。

■オオシママドボタルの幼虫は活発に動き回っています。発光が風に揺れた葉で、点滅に見えてしまいます。光り方が違うので、気が逸ってなければ分かるはずです。

■今日はカウンターまで持ち出して、個体数を数える準備もしていました。気温は23℃で、南の風が吹きましたので、体感温度も暖かくすごく感じました。

■ホウロクイチゴの花が咲いていました。2008年のホタルの観察の時に見つけたのですが、その時はイチゴの実が生っていました。ですから花が実になる頃、ホタルの発光が見られると思います。

國見

お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★2月11日へ

★2月13日へ
ホタル観察記TOPへ戻る