エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
2月14日(土) 「気温25℃」
2009年2月14日 19:30頃 オオシママドボタル幼虫 國見撮影

■日本各地で春一番が吹いたようですが、沖縄では、あまり春一番と表現しないのと、季節がまだ少し早いのではないかという事で、宣言されなかったのですが、暑いです。

■最高気温は25.2℃を観測しました。南風はより暑さを感じさせます。ヤエヤマボタルの発光に期待をもって、汗をかきながらジャングルへ入りました。

■風の当らない斜面がある場所を選んでますから、蒸し暑くてたまりません。長袖長ズボンは当たり前の装備ですから、雨ガッパのフードまで被っていますので、汗が流れ出ます。

■しかし待てどもホタルは光りません。キョロキョロとまわりに目をやり、今か今かと待ちましたが、この暑さを持ってしてもホタルの季節は動かぬままでした。

■自分の中で、最高気温25℃以上でホタルは発光するのではないかと仮説を立てていました。はずれです。では、熱帯夜ならよいのでしょうか。(最低気温が25℃です。)

國見

お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★2月13日へ

★2月15日へ
ホタル観察記TOPへ戻る