エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
2月22日(日) 「湿った南風」
2009年2月22日 19:30分頃 ヤエヤマボタル 國見撮影

■南風がやや強く吹く西表島は、周りの景色が霞むほど湿度が高く、蒸し暑さを感じる陽気です。太陽が雲に隠れていたぶん気温は低くても、ホタルの発光に期待が持てます。

■観察時刻は、日が落ちる時間に合わせて行います。森の中をチラチラとホタルの発光が見られたように思いますが、風に揺れる草木の天露が月明かりに反射したようにも見えます。

■ジャングルの中へ入り発光を探しましたが、ようやく1匹見つけられた程でした。追いかけると森の奥へと、光は消えていってしまいました。

■他の発光を探すべく、歩き回ると十数匹の発光の集団を見つけました。何故この場所だけ?と疑問が残りますが、地形的な問題ではないかと思います。

■ヤエヤマボタルの発光は、条件が良くなれば森の至る場所で見る事ができます。西表島の森の中で見られるホタルのイルミネーションです。

國見

お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★2月21日へ

★2月23日へ
ホタル観察記TOPへ戻る