エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
2009年2月3日(火) 「夜の森へ行ってきました。」
2009年2月38 19:00頃 國見の様子 木下撮影

■ヤエヤマボタルは森の斜面に飛翔・発光するホタルです。ですので、ジャングルへ足を踏み入れて観察をしたほうが、確率が良いのではないかと思います。

■夜の森は、全くと言っていいほど、人工的なものを感じる事はありませんでした。フクロウの声や風に揺れる木々の音は、静寂の世界では恐ろしいほど耳に入ってきます。

■谷沿いを歩くと、倒木が2本ありましたので、ここで観察をしようと考えました。ちょうど谷に橋が架かるように倒れていたので、腰をおろし、ジッと発光を待ちました。

■顔の周りには無数の蚊が飛び交い、足元だけは注意を払い観察。ハブも怖いですからね。30分ほど待ちましたが、結局ホタルの発光はありませんでした、残念。

■観察を続ければ、いつから発光が始まるか、最初に発見する事ができますので、感動もより大きいはずです。その瞬間をお伝えできるように、これからも観察を続けます。

國見



お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★2月2日へ

★2月4日へ
ホタル観察記TOPへ戻る