エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
3月21日(土) 「ホタルの生息域」
2009年3月21日 19:40分頃 ホタルのすみか 木下撮影

■最近気温が上がってきた事もあり、アウターを脱いで観察しています。人肌にも暑い・・・と感じる気温です。今の25℃と一ヶ月前の20℃では大きな違いです。

■今日もホタルはたくさん出ていました。数で言うと20個体+数個体(数え重複あり)。これから今期最大数がわかると思います。

■ヤエヤマボタル以外のホタルにも言えることのようですが、ホタルのすめる環境が狭くなってきているといわれます。私には、それが確定的な事かどうかわかないところがあります。

■しかし、ジャングルの中で見えるホタル、ヤエヤマボタルの観察も難しくなってきているようです。島の90%がジャングルなのに?という事もありますが、人の住む環境と自然の境目の差が大きくなってきているからだと、私は思います。

■ジャングルの置奥深くで観察したことはありませんが、人から見える姿が維持していける環境も大切だなと思います。

木下


お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★3月20日へ

★3月22日へ
ホタル観察記TOPへ戻る