エル・ビー・カヤックステーションHP 西表島フィールドニュース バックナンバー
1月1日(金) 「観察の続き」
2010年1月1日ホタルの観察初め
2010年1月1日 19:00分頃 木下撮影

〜2009年冬、西表島にホタルの発光が戻ってきました〜

■明けましておめでとう、ホタルにもそう伝えました。観察時の気温は17℃。北風が穏やかに吹き、少し肌寒く感じました。イリオモテボタルを探しに、以前観察していた場所にいってみました。

■18:30分を過ぎて薄暗くなり始め19:00頃には、辺りが闇で覆われました。風があまり吹いていないので、オオシママドマドボタルが少し高い所を飛んでいるのが見えました。数は多くなかったのだが、悠々と飛ぶ様子はまだ飛べるんだという表現にすら感じました。

■風がないととても静かな場所であり、光をさがしてじっとしていると、闇に溶けてしまいそうでした。今日見つけたのは、イリオモテボタル一個体のみです。まだ光り続けているのが確認できました。2010年初観察、これからヤエヤマボタルも出てきます。ホタルの季節は、まだまだ続きます。


木下

お問い合わせ先
L・Bロゴマーク
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 (西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 
HP:http://lbks.jp mail:info@lbks.jp
★バックナンバー

★12月25日へ

★1月14日へ
ホタル観察記TOPへ戻る