西表島ホタル観察記

「雨降りでも」

雨に降られても発光を続けるイリオモテボタルのメス
・2010年12月15日(水) 18:35頃 イリオモテボタル 國見撮影

・今日(12/15)で西表やまねこクラブのホタルの観察会は最終日となります。この1週間一緒に観察をしてきました。終わるのが寂しくもあります。

気温は17℃とだいぶ低くなりましたが、朝からずっと雨が降っています。大雨という訳ではありませんが、陸生のホタルにとって雨はあまり良いものではありませんので心配です。

いつものように観察を始めると、遠くにライム色の光が・・・。ひとつ、ふたつ。動きもなく発光し続けるのは、イリオモテボタルのメスです。

近づいて良く見ると、雨に濡れた土の上は好まないようで、葉っぱの上に乗り、上体を反らせる独特なポーズで、お尻を突き上げて発光していました。

観察最終日、さい先良くイリオモテボタル発見。続いて枯れ葉の溜まり、イリオモテボタルは雨に当たらない水はけのよい場所にいました。

オオシママドボタルは数個体、林内で飛翔していましたが、ほとんど見られず。この数日間の観察を見ただけでも強い風と雨が苦手だとわかります。

ホタルも種類ごとに特徴があり、季節的な動きも関係あると思いますが、とにかく観察を続けることで見えてくるものがありました。

西表やまねこクラブのホタル観察のサポートは終わりますが、イリオモテボタルとオオシママドボタルの発光は続きます。

西表島のホタルのシーズンは始まったばかりです。観察を続けていくと、新たな発見があります。ホタルの不思議が楽しみです。

12月の「旬」のページにて、「オオシママドボタル」を更新しましたので、そちらもご覧下さい!

2010年 12月15日(水) 國見

西表島の冬に咲く、さくらの花 「2010年度版、西表島さくら通信」。
2011年度版も、12月下旬頃より
「さくら」の開花をお伝えします!
お楽しみに。



前日の西表島ホタル観察記


「体感温度が低いと」

・バックナンバー一覧



西表島の旬をお伝えするコンテンツ


・西表島フィールドニュース

・西表島の海の表情(旧鳩間島)


西表島の季節の楽しむ風物詩


・西表島の旬な瞬間

・西表島・さくら通信

・星砂海岸・クマノミ日記

・サガリバナ通信




西表島で発光するホタル達

オオシママドボタル
オオシママドボタル
発光時期
12月〜1月頃
イリオモテボタル
イリオモテボタル
発光時期
12月〜2月頃
ヤエヤマボタル
ヤエヤマボタル
発光時期
2月〜5月頃
キイロスジボタル
キイロスジボタル
発光時期
4月〜11月頃
・西表島には8種類のホタルが生息しています。幼虫の発光も含めれば、ほぼ1年を通じてホタルの発光を観察する事ができます。

ヤエヤマボタルの発光
大きな画面で見たい方はこちらへ



西表島のホタルの本

だれでもできるホタル復活大作戦横須賀市自然・人文博物館
学芸員
大場蛍研究所
大場信義先生著

西表やまねこクラブのサポート活動

大場信義先生とイリオモテボタルの観察会西表エコクラブのイリオモテボタルの観察会をサポートしています。

西表島でのホタル観察の注意

弱いライトで、ホタルの出会いを大切に、ホタルは眩しい光が苦手です。観察する時は、赤いセロファンを貼った懐中電灯で直接光を当てないようにしましょう。


・冬から春にかけて、西表島はホタルの最盛期を迎えます。日によっては寒さを感じる事がありますので、防寒対策は必要です。

また、暖かな日には、ハブや虫など、遭遇する危険もありますので、肌の露出は控えめに、足元はしっかりとした準備が必要です。



      info@lbks.jpご意見ご感想をお待ちしております。
L.B.KayakStationホームへ

西表島の自然を楽しめるエコツアー体験、
LBカヤックのカヌー&トレッキングツアー

西表島へのアクセス 会社案内 info@lbks.jp
2010夏・真っ赤に熟れたアダンの実LBカヤックのすべてのホームページは、素材などは購入することもありますが、
LBスタッフが全員で手作りで更新しています。

日々より良い情報を皆さまにお伝えできるように改善を心がけていますので、
ご意見やご感想は、お気軽にご連絡下さい。

エル・ビー・カヤックステーションのホームページに使われている、
写真及び文章等の無断使用及び転用を禁止いたします。

(C)Copy Right L.B.KAYAK STATION 2010 All Rights Reserved.