西表島ホタル観察記

「何ホタル?」


・2011年1月16日(日) 18:55頃 オオシママドボタル幼虫 猿田撮影

・ここ最近の観察では、イリオモテボタルの発光を確認出来ていないので、今日こそは!と気合を入れて観察場所へ行きました。

今日の西表島は、強い北風が吹lき、寒い1日となりました。観察時の気温は13℃。今朝の気温も10℃まで下がり、南の島とは思えない気候となっています。

今日の観察場所は、前回とは異なる場所へ観察に行きました。この場所では、昨年は2月上旬頃までイリオモテボタルを見ることが出来ていた場所です。

日が沈み18時半頃から観察をはじめました。
草が生い茂り、草をそっと、かき分けながらホタルの光を探しますが、なかなか出会うことが出来ません。
姿勢を低くしたり、目線を下げて発光を探しす。

さまざまなところを探すこと20分後、1個体の発光を確認しました。イリオモテボタルかと思い近づいて観察してみると、発光しながら移動しています。

イリオモテボタルは、発光中は大きく移動せずにじっとしていることが多いです。

発光をして移動していたのは、オオシママドボタルの幼虫でした。

今回、3個体の発光を確認しましたが、すべての発光が、このオオシママドボタルの幼虫の発光でした。

今年に入ってイリオモテボタルに出会えていないので、何としでも会いたくなってきました。今後も、ホタルの観察を続けていきます。

これから、春に向けてヤエヤマボタルの発光も楽しみのひとつですね。


猿田

12月の「旬」のページにて、「オオシママドボタル」を更新しましたので、そちらもご覧下さい!

西表島の冬に咲く、さくらの花 『2011年度の、「西表島さくら通信」もお伝えしております!』



前回の西表島ホタル観察記


「日没の時刻」

・バックナンバー一覧



西表島の旬をお伝えするコンテンツ


・西表島フィールドニュース

・西表島の海の表情(旧鳩間島)


西表島の季節の楽しむ風物詩


・西表島の旬な瞬間

西表島さくら通信

西表島・星砂海岸のクマノミ日記

・サガリバナ通信




西表島で発光するホタル達

オオシママドボタル
オオシママドボタル
発光時期
12月〜1月頃
イリオモテボタル
イリオモテボタル
発光時期
12月〜2月頃
ヤエヤマボタル
ヤエヤマボタル
発光時期
2月〜5月頃
キイロスジボタル
キイロスジボタル
発光時期
4月〜11月頃
・西表島には8種類のホタルが生息しています。幼虫の発光も含めれば、ほぼ1年を通じてホタルの発光を観察する事ができます。

ヤエヤマボタルの発光
大きな画面で見たい方はこちらへ



西表島のホタルの本

だれでもできるホタル復活大作戦横須賀市自然・人文博物館
学芸員
大場蛍研究所
大場信義先生著

西表やまねこクラブのサポート活動

大場信義先生とイリオモテボタルの観察会西表エコクラブのイリオモテボタルの観察会をサポートしています。

西表島でのホタル観察の注意

弱いライトで、ホタルの出会いを大切に、ホタルは眩しい光が苦手です。観察する時は、赤いセロファンを貼った懐中電灯で直接光を当てないようにしましょう。


・冬から春にかけて、西表島はホタルの最盛期を迎えます。日によっては寒さを感じる事がありますので、防寒対策は必要です。

また、暖かな日には、ハブや虫など、遭遇する危険もありますので、肌の露出は控えめに、足元はしっかりとした準備が必要です。



      info@lbks.jpご意見ご感想をお待ちしております。
L.B.KayakStationホームへ

西表島の自然を楽しめるエコツアー体験、
LBカヤックのカヌー&トレッキングツアー

西表島へのアクセス 会社案内 info@lbks.jp
2010夏・真っ赤に熟れたアダンの実LBカヤックのすべてのホームページは、素材などは購入することもありますが、
LBスタッフが全員で手作りで更新しています。

日々より良い情報を皆さまにお伝えできるように改善を心がけていますので、
ご意見やご感想は、お気軽にご連絡下さい。

エル・ビー・カヤックステーションのホームページに使われている、
写真及び文章等の無断使用及び転用を禁止いたします。

(C)Copy Right L.B.KAYAK STATION 2010 All Rights Reserved.