西表島ホタルかんさつ記2012
12月14日(金)「イリオモテボタル観察会」
イリオモテボタル(メス)の発光
iイリオモテボタル(メス)の発光 國見
オオシママドボタル(オス)
オオシママドボタル 國見
2012年12月14日の天気(観察時)
晴れ 22℃(18:00)
南の風 実測風速(1.6m)
4日間の那覇出張から戻ってまいりました。

天気もよく、たくさんの人との出会いもあり、とても充実した日々を過ごせました。

無事に西表島に帰って来れたことと、皆さまへの感謝の気持ちを先にご報告させていただきます。

ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

さて那覇出張の間、我島(ばしま)、西表島はというと、天気はぐずついていたようです。天気予報を見て、天気図を確認していましたが、高気圧のヘリにあたり、南風の雨だったようです。

冬と呼ばれる季節に入ってからは、寒い日が続きました。島の先輩方に聞くと、冬はこんなもんだといいますが、まだ過ごした年数も浅い(といっても7年目)の私にとっては、寒い冬の感覚があります。

しかし、本日は晴れ。温暖で昼間はTシャツ1枚で過ごせる陽気でした。

夕方には、毎年お手伝いをさせていただいている、西表やまねこクラブのホタル観察会のサポートへ行ってきました。地元の小中学生と一緒に、珍種イリオモテボタルを探しています。

飛翔能力のないメスが発光し、オスを待つ。というなんとも健気なホタル。

この種は太平洋沿岸世界各地にいます。昔、大陸がひとつだったことを証明する貴重な種のホタルは、西表島で最初に見つかったのでイリオモテボタル。

この6年間は、なかなか数を見つけることもできなかったのですが、2012年何があったのか、ここにもあそこにも...ホタルが見られています。

原因は不明ですが、ホタルは自然と社会が共生しているバロメーターです。つまり、自然世界の中で、人の営みとホタルの生活との関わりが上手くいっているという証です。

このイリオモテボタルは、また特殊なホタルで、人の手が加わった場所に生息する、陸生里型ホタルです。

もちろんたくさんの要因があると思いますが、それがいったい何故なのか、いろいろな検証が必要ですね、エコクラブのサポートはあと1日。そのあとは独自の観察を続けていきます!

イリオモテボタル(成虫)をはじめ、オオシママドボタル(成虫)、アカホタルモドキ(幼虫)、キベりクシヒゲボタル(幼虫)が冬に見られます。

ホタル観察が面白い季節がやってきました、乞うご期待!

國見

2012年〜2013年、秋・冬のオススメツアーはこちらから!
秋冬おすすめツアー!
詳細は、こちらをclick!!
★ヤエヤマボタル発光の様子(1個体)2012年2月14日(火)

info@lbks.jpまでご感想、ご意見をお待ちしております

前回の西表島ホタル観察記

「ホタルシーズン到来」

バックナンバー一覧

西表島の旬をお伝えするコンテンツ

西表島フィールドニュース
・西表島フィールドニュース

西表島から見る鳩間島・海の表情
・西表島の海の表情(旧鳩間島)


西表島の季節を楽しむ風物詩

西表島の「旬」な瞬間!

西表島さくら通信

西表島・星砂海岸のクマノミ日記

サガリバナ通信

西表島で発光するホタル達

オオシママドボタル

オオシママドボタル
発光時期
12月〜1月頃

イリオモテボタル

イリオモテボタル
発光時期
12月〜2月頃

ヤエヤマボタル

ヤエヤマボタル
発光時期
2月〜5月頃

キイロスジボタル

キイロスジボタル
発光時期
4月〜11月頃

・西表島には8種類のホタルが生息しています。幼虫の発光も含めれば、ほぼ1年を通じてホタルの発光を観察する事ができます。

西表島のホタルの本

だれでもできるホタル復活大作戦横須賀市自然・人文博物館
学芸員
大場蛍研究所
大場信義先生著

西表やまねこクラブのサポート活動

大場信義先生とイリオモテボタルの観察会西表エコクラブのイリオモテボタルの観察会をサポートしています。

西表島でのホタル観察の注意

弱いライトで、ホタルの出会いを大切に、ホタルは眩しい光が苦手です。観察する時は、赤いセロファンを貼った懐中電灯で直接光を当てないようにしましょう。


・冬から春にかけて、西表島はホタルの最盛期を迎えます。日によっては寒さを感じる事がありますので、防寒対策は必要です。

また、暖かな日には、ハブや虫など、遭遇する危険もありますので、肌の露出は控えめに、足元はしっかりとした準備が必要です。

L.B.KayakStationホームへ

西表島の自然を楽しめるエコツアー体験、
LBカヤックのカヌー&トレッキングツアー

西表島へのアクセス 会社案内 info@lbks.jp
2010夏・真っ赤に熟れたアダンの実LBカヤックのすべてのホームページは、素材などは購入することもありますが、
LBスタッフが全員で手作りで更新しています。

日々より良い情報を皆さまにお伝えできるように改善を心がけていますので、
ご意見やご感想は、お気軽にご連絡下さい。

エル・ビー・カヤックステーションのホームページに使われている、
写真及び文章等の無断使用及び転用を禁止いたします。

(C)Copy Right L.B.KAYAK STATION 2010 All Rights Reserved.