西表島ホタルかんさつ記2012
2月16日(土)「小さなホタルの発光」
日本でいちばん小さな、ヤエヤマボタル
ヤエヤマボタルのいるジャングル  國見
2013年2月16日の天気(観察時)
くもり 19.6℃(20:00)
東北東の風 実測風速(4.0m)
冷たい北風と暖かな南風が
入れ替わりで吹く、不安定な季節です。

それでもホタルの発光が始まり、
ジャングルの奥では十数個体の群れが
チカチカと光っています。

今日も北風がやや強いので、
ジャングルの奥で発光するのかと
思っていましたが、
道沿いまで飛び出す個体がいました。

近くで見てみると、本当に小さなホタル。
あれだけ光を放つパワーをいったいどこに
溜め込んでいるのでしょうか。

直接光を当てないように、後ろからそっと照らして、
写真を1枚撮らせてもらいました。

ちょうどお尻が光っている様子が見られます。

ヤエヤマボタルの一生をかけた発光を
あんまり邪魔しないように
そっと見守りたいと気をつけます。

國見

2012年〜2013年、秋・冬のオススメツアーはこちらから!
秋冬おすすめツアー!
詳細は、こちらをclick!!
★ヤエヤマボタル発光の様子(1個体)2012年2月14日(火)

info@lbks.jpまでご感想、ご意見をお待ちしております

前回の西表島ホタル観察記

「発光時間と気象条件」

バックナンバー一覧

西表島の旬をお伝えするコンテンツ

西表島フィールドニュース
・西表島フィールドニュース

西表島から見る鳩間島・海の表情
・西表島の海の表情(旧鳩間島)


西表島の季節を楽しむ風物詩

西表島の「旬」な瞬間!

西表島さくら通信

西表島・星砂海岸のクマノミ日記

サガリバナ通信

西表島で発光するホタル達

オオシママドボタル

オオシママドボタル
発光時期
12月〜1月頃

イリオモテボタル

イリオモテボタル
発光時期
12月〜2月頃

ヤエヤマボタル

ヤエヤマボタル
発光時期
2月〜5月頃

キイロスジボタル

キイロスジボタル
発光時期
4月〜11月頃

・西表島には8種類のホタルが生息しています。幼虫の発光も含めれば、ほぼ1年を通じてホタルの発光を観察する事ができます。

西表島のホタルの本

だれでもできるホタル復活大作戦横須賀市自然・人文博物館
学芸員
大場蛍研究所
大場信義先生著

西表やまねこクラブのサポート活動

大場信義先生とイリオモテボタルの観察会西表エコクラブのイリオモテボタルの観察会をサポートしています。

西表島でのホタル観察の注意

弱いライトで、ホタルの出会いを大切に、ホタルは眩しい光が苦手です。観察する時は、赤いセロファンを貼った懐中電灯で直接光を当てないようにしましょう。


・冬から春にかけて、西表島はホタルの最盛期を迎えます。日によっては寒さを感じる事がありますので、防寒対策は必要です。

また、暖かな日には、ハブや虫など、遭遇する危険もありますので、肌の露出は控えめに、足元はしっかりとした準備が必要です。

L.B.KayakStationホームへ

西表島の自然を楽しめるエコツアー体験、
LBカヤックのカヌー&トレッキングツアー

西表島へのアクセス 会社案内 info@lbks.jp
2010夏・真っ赤に熟れたアダンの実LBカヤックのすべてのホームページは、素材などは購入することもありますが、
LBスタッフが全員で手作りで更新しています。

日々より良い情報を皆さまにお伝えできるように改善を心がけていますので、
ご意見やご感想は、お気軽にご連絡下さい。

エル・ビー・カヤックステーションのホームページに使われている、
写真及び文章等の無断使用及び転用を禁止いたします。

(C)Copy Right L.B.KAYAK STATION 2010 All Rights Reserved.