最新更新情報
イリオモテボタル
イリオモテボタルのメス

■イリオモテボタルは、1994年に横須賀市自然・人文博物館学芸員の大場信義先生により発見された。現在、西表島・石垣島・小浜島に生息が確認されている。

■陸生のホタルで、オスはサナギを経て羽化するが、メスはサナギにならず幼虫のような姿のままで発光する、珍しいホタル。体長はオス・メスともに1pほど。

■発光時期は11月から翌年の1月中旬だが、西表島でよく見られるのは、12月下旬の頃。大原から白浜へむけて発光が微妙にズレる。3月に発光が確認されたこともある。

■北風が冷たく吹く季節、気温が18℃を下回るような日に、人里近辺の石や落ち葉の上など目立つ場所で、メスがお尻を上げて、日没から30分ほどオスを待ち続ける。

■現在、イリオモテボタルの同属同種は、世界各地で発見されていて、はるか昔、大陸がひとつなぎであったことを証明している。西表島で見つかった小さな生命が、世界をつないでいるなんて、素晴らしいですね!

ホタル観察記TOPへ戻る
お問い合わせ先
ご意見・ご質問などありましたらお気軽にどうぞ!
■エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541 沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116 
(西表島西部地区)
TEL0980-85-6660 FAX0980-85-6678 mail:info@lbks.jp
⇒オオシママドボタル
⇒ヤエヤマボタル
⇒キイロスジボタル