-西表島の自然をカヌー・トレッキングで遊ぶ・楽しむ・体験する-

本日の鳩間島

島を渡る。カヤックを漕ぐものは誰もが憧れる。しかし憧れだけでは渡れない!
そこには技術や体力、経験が必要となる。まずは海を観察する事から始める。

西表島から見る海の表情

旧鳩間島定点観測 Last updated: 2017/06/16 06:16:26
 

2017年6月16日(金) 撮影時間:

観天望気

西表島の天気、鳩間島定点観測。

 

昨日よりも風が弱まってきています。

雨が降ったりやんだりですが、量が降らないぶん、

海は澄み渡っておりキレイです。

 

気温は変わらないのですが、風が無いぶん

ジメっとした感覚が肌を包みます。

亜熱帯のジャングルにいるのだな。

という感覚をヒシヒシと受けます。

 

島から海を眺めると

海にかこまれた島にいるのだなという感じも受け

不思議な感覚です。

 

海の民と森の民が共存している島なんだな。

目の前の海と背後の森を眺めているとそう感じます。

海と森では気象条件も変わってくるので

日々、肌で感じる感覚が大事になってきます。

 

ガイド飯田(写真/文)

本日の天気予報
天気 くもり
気温 27℃
事務所の外の温度計による気温
風向きと風速 北東の風 穏やかに
小潮
満潮 01:05(151)/12:20(146)
干潮 06:34(100)/18:52(64)
波浪 2.0m
info@lbks.jpまでご感想、ご意見をお待ちしております。

このページは、基本的に毎日更新されますが、地域行事に参加する場合など、更新されないときがあります。
定点観測は、基本的に同じ場所から同じ景色を撮影いたします。時間は多少ずれますが、中野地区の海岸から対岸に見える鳩間島と海の様子をレポートいたします。

西表島は大きな島です。

西表島の中野海岸に立ち、そこから鳩間島を毎日見ます。

島と島との間には海があり、海の表情はいつも違います。

海に出る前に、毎日の海の様子を見るのです。
すると、「今日はこうだよ!」って感じることができます。

これからカヤックや海で遊びたい人は、
海をじっくりと知ることから始めましょう。
エル・ビーカヤックの毎日は
ここから始まります。