-西表島の自然をカヌー・トレッキングで遊ぶ・楽しむ・体験する-

西表島の旬な瞬間

西表島の3月 「ミニパインが実る頃」

暖かな南風が吹く日も多くなり始めた西表島。

 

沿道から見えるパイン畑を見てみると、

「ひょこっ!」と小さなパイナップルが実り始めています。

 

O

 

今でこそ、西表島を代表する特産となったパイナップルですが、

パイナップル産業が根付くまでには、開拓移民の努力がありました。

 

道路も機会もない島を人力で切り開いていったことが、

今の西表島の重要な産業の礎となっています。

 

O

 

これから陽射しがさらに強くなるとパイナップル畑には、
日焼け止めに黒い網のシートがかけられます。

 

3月から5月頃までが、パイナップルの様子をよく見れる時期ではないでしょうか。

 

O

 

「夏のはじまり」といっても良い風景・・・。

西表島の夏の景色が徐々に姿を現しています。

 

ガイド金原(写真/文)

2015年3月13日(金)