-西表島の自然をカヌー・トレッキングで遊ぶ・楽しむ・体験する-

西表島フィールドニュース

■2016年11月25日(金)

2016年11月25日(金)の観測時の気象状況
天気 くもり のち 晴れ
気温 23℃(21:00)
風向きと風速 東北東の風 穏やかに
安栄丸運航状況 上原航路欠航(大原運航)

■きょうの「旬」

雨が降り滝の水量が増してる西表島。

ピナイサーラの滝も増水中です!

15218663_573371006193561_661148774_n

(withピカリャ~)

 

そんな滝上を流れる川のわきにある岩の隙間に

でっかいカニが潜んでいるのを発見しました!!!

15224670_573205529543442_1049640881_o

名前は『モクズガニ』

ハサミにもくずが付いているのでこんな名前です。

モズクじゃなくて、も・く・ずですよ!笑

 

なんでこんなところに??

普段は水の中にいるのに。。。

その時はわからず夢中になって写真を撮りまくった廣瀬でござます。

 

ですが、この記事を書いている今、

ピッカーン!きました!!!

増水してるから流されないように陸地にあがって非難してるのでは!?

という見解に至りました。

 

素敵な出会いに感謝です。

カニさんありがとう。

みーふぁいゆー。

 

※写真クリックで“おこ”なカニへ、。

ガイド廣瀬(写真/文)

クリックすると視点を変えた写真をお楽しみいただけます!

西表島 フィールドへの想い

西表島フィールドニュースは、2002年の夏から始まりました。始めは数日おきに書いていましたが、やがて毎日書くようになってきました。
西表島の様々な自然の様子を中心にエルビーカヤックステーションのカヤックツアーの中での出来事や出会いをこのページでお伝えしています。
正直、このフィールドニュース毎日は大変な作業ですが、実はフィールドに出るガイドにとっては、いい勉強になります。<
写真を撮り、文章を書くことで、フィールドを細かく見るようになりました。一見南国西表島の自然には、変化がないようですが、実はしっかりと四季折々の変化があります。
しかし、その変化に気付くためには、毎日意識して自然を見ていくことが必要なのです。気温の変化、季節による風向きの変化なども生物の営みに影響があります。そんなことをエルビーカヤックのガイドたちは大切に考えています。(2005年5月)