-西表島の自然をカヌー・トレッキングで遊ぶ・楽しむ・体験する-

西表島フィールドニュース

■2017年1月4日(水)

2017年1月4日(水)の観測時の気象状況
天気 晴れ
気温 22℃(20:00)
風向きと風速 南東の風 穏やかに
安栄丸運航状況 上原航路通常運航

■きょうの「旬」

日本中、どこでもよく見かけるサギの仲間。

 

西表島には遠浅の海、広大なマングローブ林、干潟、田んぼ。

サギにとって暮らしやすい環境がたくさんあり、もっともよく見かける鳥のひとつです。

 

中でも白いサギが多く生息しています。

ですがそれは本当に僕らがよく知るシラサギとは限りません。

 

クロサギかもしれません。

白いのにクロサギなのです。

クロサギの白色型というのがこの南西諸島には多く生息しているのです!

 

注目するべきところは足の色!

付け根から指先まで全て黄色の場合はクロサギなのです。

 

ややこしいですね(笑)

 

皆さんが普段目にしている白いサギ。

もしかしたら、本当はクロサギかもしれませんよ。

詐欺(サギ)に注意です!!

 

ガイド廣瀬(写真/文)

※表示写真は白いクロサギ。写真クリックで黒いクロサギを表示します。

 

 

クリックすると視点を変えた写真をお楽しみいただけます!

西表島 フィールドへの想い

西表島フィールドニュースは、2002年の夏から始まりました。始めは数日おきに書いていましたが、やがて毎日書くようになってきました。
西表島の様々な自然の様子を中心にエルビーカヤックステーションのカヤックツアーの中での出来事や出会いをこのページでお伝えしています。
正直、このフィールドニュース毎日は大変な作業ですが、実はフィールドに出るガイドにとっては、いい勉強になります。<
写真を撮り、文章を書くことで、フィールドを細かく見るようになりました。一見南国西表島の自然には、変化がないようですが、実はしっかりと四季折々の変化があります。
しかし、その変化に気付くためには、毎日意識して自然を見ていくことが必要なのです。気温の変化、季節による風向きの変化なども生物の営みに影響があります。そんなことをエルビーカヤックのガイドたちは大切に考えています。(2005年5月)