-西表島の自然をカヌー・トレッキングで遊ぶ・楽しむ・体験する-

西表島フィールドニュース

■2017年8月9日(水)

2017年8月9日(水)の観測時の気象状況
天気 晴れ
気温 30℃
風向きと風速 南の風 穏やかに
安栄丸運航状況 上原港路通常運航

■きょうの「旬」

ピナイサーラの滝つぼへ向かう途中、この変な生き物をよく見かけます。

 

緑色に渦巻き形した体。

カタツムリか?

 

 

いえ、これはタニシの仲間の『アオミオカタニシ』という生き物です!

※黒いのはウンチ。

 

カタツムリではありませんよ。

タニシには蓋(ふた)がありますがカタツムリにはありません。

 

そして殻が緑色なのではなく体が緑色で、透けているんです!!

こうして敵から身を隠しているんですね。

 

夏場の日中は暑く日が差すと乾燥してしまうため

殻にこもってジーっとしています。

逆に雨の日は『雨キター!!』と言わんばかりに

すごく活発的に動き回っています。

 

そして顔がすごく可愛いんですよね。。。

顔の公開はまた次回にしますね。笑

 

とまぁ、こんな小さな生き物でも説明することがたくさん!!

私、ガイド廣瀬はこの生き物を見つけると、ついつい興奮気味で説明をはじめますので

その時はよろしくどうぞ。

 

この生き物によく出会うのはこちらのコース!!

ピナイサーラ滝つぼ&星砂の浜 http://lbks.jp/wp-content/category/p1

ピナイサーラ滝つぼ&滝うえ http://lbks.jp/wp-content/category/p2

 

気になる方はチェックしてみてください!

アオミオカタニシ大好き人間のガイド廣瀬(写真/文)でした。

クリックすると視点を変えた写真をお楽しみいただけます!

西表島 フィールドへの想い

西表島フィールドニュースは、2002年の夏から始まりました。始めは数日おきに書いていましたが、やがて毎日書くようになってきました。
西表島の様々な自然の様子を中心にエルビーカヤックステーションのカヤックツアーの中での出来事や出会いをこのページでお伝えしています。
正直、このフィールドニュース毎日は大変な作業ですが、実はフィールドに出るガイドにとっては、いい勉強になります。<
写真を撮り、文章を書くことで、フィールドを細かく見るようになりました。一見南国西表島の自然には、変化がないようですが、実はしっかりと四季折々の変化があります。
しかし、その変化に気付くためには、毎日意識して自然を見ていくことが必要なのです。気温の変化、季節による風向きの変化なども生物の営みに影響があります。そんなことをエルビーカヤックのガイドたちは大切に考えています。(2005年5月)