-西表島の自然をカヌー・トレッキングで遊ぶ・楽しむ・体験する-

西表島フィールドニュース

■2017年8月16日(水)

2017年8月16日(水)の観測時の気象状況
天気 晴れ
気温 30℃
風向きと風速 南の風 穏やかに
安栄丸運航状況 上原港路通常運航

■きょうの「旬」

沖縄県で最大の落差を誇るピナイサーラの滝。

その上に流れる川には小さな可愛いエビたちが暮らしています。

 

名前は『テナガエビ』。まだまだ小さな子どもたちなのです。

そして水の底に手を置くと何故だか近寄ってツンツンとしてきます。

ドクターフィッシュならぬドクターシュリンプ状態です!笑

 

 

ここには大きな魚はいないためエビたちはのびのびと暮らしています。

こんなお友達も一緒に暮らしています。

 

ハゼの仲間、『キバラヨシノボリ』です。

 

 

そして時々大人のエビも現れます。

大きくて、迫力満点!!

 

ということで、

滝の上の魅力は景色以外もたくさんありますよ~

 

ピナイサーラ滝つぼ&滝うえコース!

こちらから確認できます。

http://lbks.jp/wp-content/category/p2

 

 

ガイド廣瀬(写真/文)

クリックすると視点を変えた写真をお楽しみいただけます!

西表島 フィールドへの想い

西表島フィールドニュースは、2002年の夏から始まりました。始めは数日おきに書いていましたが、やがて毎日書くようになってきました。
西表島の様々な自然の様子を中心にエルビーカヤックステーションのカヤックツアーの中での出来事や出会いをこのページでお伝えしています。
正直、このフィールドニュース毎日は大変な作業ですが、実はフィールドに出るガイドにとっては、いい勉強になります。<
写真を撮り、文章を書くことで、フィールドを細かく見るようになりました。一見南国西表島の自然には、変化がないようですが、実はしっかりと四季折々の変化があります。
しかし、その変化に気付くためには、毎日意識して自然を見ていくことが必要なのです。気温の変化、季節による風向きの変化なども生物の営みに影響があります。そんなことをエルビーカヤックのガイドたちは大切に考えています。(2005年5月)