サガリバナ通信


■2009年7月10日(金)|晴れ|南東の風やや強く|29℃(21:30頃撮影)
花言葉のように、幸福が訪れますように。
■7月10日、サガリバナ観察終了、また来年
■サガリバナの開花が最盛期を迎えているこの頃、朝になるとたくさんの花が散り地面に落ちているのがわかります。マングローブの生い茂る川に行くと、水面に浮かぶ花の様子で、どのくらい咲いたのか想像するのが面白いほどです。

■さて、サガリバナの観察を始めてから早一ヶ月になります。観察を続けたころから、ちらほらと開花をしている花がありましたが、今年はたくさんのサガリバナを見ました。

■観察を続けているせいもあり、意識的に花の様子が気になり、日中フィールドでもジャングルの中で空を見上げては、つぼみが何処にあるのか見つけていました。サガリバナの木の特徴も視覚的に覚える事ができ、ガイドとしても勉強になりました。

■西表島の旬の姿を皆さんにお伝えする事が、続ける意欲にもつながり、またサガリバナの観察を続ける目的でした。そして、サガリバナの開花状況を気になさる方の1つの指標であればと思いました。

■今年のサガリバナも順調に最盛期を迎えたと言う事で、今年の観察を終了いたします。今までご覧頂いた皆様に、感謝の心を持って、来年につなげていければと思っております。

■西表島のサガリバナは、まだまだ咲いておりますので、西表島にいらっしゃった際には、是非ともご覧になって下さい。長い間見ていただき有難うございました。
2009年7月10日木下

下記の写真はクリックすると大きくなります。是非ご覧ください。

ようやく咲いた!一輪のサガリバナ。夜空に花開く、ピンク色のサガリバナ。開花から2時間、サガリバナの花が最も美しく咲く頃です。ピンク白やピンクの花が幻想的な雰囲気です。

2009年の通信へバックナンバー一覧2010年の通信へ


サガリバナ


エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116(西表島西部地区)
TEL0980-85-6660・FAX0980-85-6678 ・mail:
info@lbks.jp