サガリバナ通信


■2009年7月9日(木)|晴れ|南東の風|29℃(21:00頃撮影)
サガリバナは一夜に咲き、一夜に散る花です。
■7月9日、サガリバナと擬態する昆虫
■サガリバナを見ていると、純粋に「美しい!」と思います。花の見た目もそうですが、花が咲くのが一夜限り。と、いう儚さが、日本人の心をとらえるのではないでしょうか。

■上の話はさておいて、サガリバナが夜に咲くには理由があります。日中咲き乱れる沢山の花との競合をさけて、夜を独占しようと考えているのです。

■夜のとばりがおりる頃、ジャングルから漂ってくる花の香り。いい匂いにつられて群がる昆虫達。下の写真は、サガリバナに擬態してミツバチを捕らえたオキナワアズチグモです。どこかで聞いた事がある話のような気がしませんか...。
2009年7月9日國見
サガリバナに擬態するアズチグモ

下記の写真はクリックすると大きくなります。是非ご覧ください。

ようやく咲いた!一輪のサガリバナ。夜空に花開く、ピンク色のサガリバナ。開花から2時間、サガリバナの花が最も美しく咲く頃です。ピンク白やピンクの花が幻想的な雰囲気です。

前へ|バックナンバー一覧|次へ


サガリバナ


エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116(西表島西部地区)
TEL0980-85-6660・FAX0980-85-6678 ・mail:
info@lbks.jp