サガリバナ通信

■2010年6月22日(火)|晴れ|南の風|29℃(22:15頃撮影)
■2010年6月22日、「たくさんサガリバナが咲く理由」
■満月に向かって月がふくらんできました。夜が明るいので、観察する夜道を歩くのも怖くありません。西表島の夏の夜は、自然が身近にあるので楽しいです。

さて、平年よりも早い梅雨明け、2009年よりも早いサガリバナの開花、シーズンイン。そして、なにより、咲いた、もしくはこれから咲く花が多い気がします。

2009年より始まったサガリバナ通信なので、09年と10年の比較しかできませんが、ツアーにご参加いただいた方でサガリバナを毎年楽しみに来ている方に話を聞く事ができました。

やはり、ここ数年見てきた中で、今日(6月22日の昼間)見たサガリバナがいちばん多いと話していました。

理由を考えると、思いつくのは、2010年1月の日照時間の多さです。マンゴーもたくさんの花が咲き方が咲きました。サガリバナも同じ事が考えられませんか?

毎日の積み重ねがもっと何年もあれば、いろいろな事が分かってきますね。

2010年6月22日國見


■6月22日(火)ナーラ川支流コースにて、
蛇行するジャングルの川を行く、ジャングル・クルーズ!
たくさんのサガリバナが浮かんでいました!

下記の写真はクリックすると大きくなります。是非ご覧ください。

ようやく咲いた!一輪のサガリバナ。夜空に花開く、ピンク色のサガリバナ。開花から2時間、サガリバナの花が最も美しく咲く頃です。ピンク白やピンクの花が幻想的な雰囲気です。

前へバックナンバー一覧|次へ


サガリバナ


エル・ビー・カヤックステーション
〒907-1541沖縄県八重山郡竹富町字上原870-116(西表島西部地区)
TEL0980-85-6660・FAX0980-85-6678 ・mail:
info@lbks.jp