▼1月25日 西表島さくら通信 ▲1月27日
■2009年1月26日カンヒサクラ(寒緋桜)の様子

2009年1月26日西表島の桜のツボミの笑み

■1月26日(月)
■曇り
■19℃(12時30分現在)
■東の風が穏やかに吹く
■今日は風もなく暖かい日和でした。午前中は太陽の陽射しが眩しく、太陽に上着を一枚一枚脱がされていきました。

■太陽の光をサンサンと受けたカンヒザクラはというと、ツボミのままでした。寒さが関係しているのだか、暖かさが関係しているのか悩むところがあります。

■桜の名前の由来です。国花にもなっている、日本を象徴とする桜、何となくわかる人もいるかもしれませんが、動詞の”咲く”と接続詞の”ら”からきているようです。

■多々由来はがありますが、花が咲くの動詞から来ている名前と言うのにも、日本人の心の花の象徴だと感じます。