新・新イリオモテジマ通信


●新・新イリオモテジマ通信は、現在メールにて配信しています。ガイドが西表島での出来事をふまえて、感じたことや想いを書いておりますので、ひととなりを感じていただけたらと思い、過去にメールで配信した記事を掲載しております。

●リアルタイムの記事は、メールでの配信とさせていただいておりますので、配信ご希望の方は、こちらまでご連絡下さい。

************************************************************

新・新・イリオモテジマ通信 vol.1

「西表島にさくら咲く」

西表島の豊かな自然は、人に感動や元気を与えてくれます。西表島での自然体験や楽しかった旅の思い出を通じて、皆様に元気になってもらいたい!私達はそう考えています。

〜エル・ビー・カヤックステーション〜

************************************************************

2月13日(金) 「西表島にさくら咲く」

日本の春を感じる出来事と言えば、桜前線の北上ではないしょうか。沖縄のさくらは沖縄本島から八重山へ南下して行きます。ツボミが目覚めるには、寒さという刺激が必要なようで、沖縄本島より暖かな八重山へ向かって、開花していきます。

沖縄でさくらと言えば、このカンヒザクラの事を指します。カンヒザクラの一重咲きの花は、下を向いて花を咲かせます。ソメイヨシノのようにに空を覆う派手さはありませんが、青空に浮かぶピンクの花が、とても美しいさくらです。

まだ寒さも残り、ジッと春を待っている方には申し訳ありませんが、皆様の暮らす場所より一足早く、西表島ではさくらが満開となりました!

そこで、さくらのツボミが開花するまでお伝えしようと、その様子を毎日かかさず写真に撮っています。

(西表島さくら通信 http://lbks.jp/sakura/index.html)

西表島のさくらは2週間ほど前から咲き始めているというのに、お伝えしているツボミは全く開きません。花が咲いてくれるならば、花咲かじいさんのように灰でもまきたい気分です・・・。しかし、根気良く花が咲くまで、見守り続けてお伝えしていきます。

季節は、花のツボミが開くように、めぐりめぐって必ず春が訪れます!「春」という言葉には、1年の始まりという意味も含まれていますので、新しいスタートを切るには、ちょうどいい季節だと思います。

そこで、うららかな春に「新・新・イリオモテジマ通信」を新しくスタートさせようと思います!心の底から元気が湧いてくるような、西表島の出来事をお伝えできるように、まずは一足早く春を迎えた、西表島からメッセージを送らせていただきます。暗いニュースばかりの世の中ですが、皆で一緒に頑張りましょう!

そんな「想い」を込めて、2人のガイドが交代で、西表島から毎週配信を目指しますので、よろしくお願いします!

2月13日(金)國見 祐史

次回は、木下篤がお伝えします!

ご意見やご感想をお待ちしております!info@lbks.jp

************************************************************

■西表島の行事
・2月14日(土) 第16回竹富町やまねこマラソン大会
LBスタッフ全員で、やまねこマラソン23qコースに出場します!

■西表島の自然状況
・カンヒザクラやツツジ・ツバキが満開です!
・仲良川でセイシカも咲き始めました。
・セマルハコガメに久しぶりに会いました。
暖かな南風に、生き物すべてが春を感じているようです。

・ヤエヤマボタル観察を行っています。
雨にも負けず風にも負けず、毎日30分間ジャングルの中で、
ホタルの発光を待っています。
(西表島ホタル観察記 http://lbks.jp/hotaru/hotaru.htm)

■西表島の本日の天気
・気温25℃、快晴の西表島に強い南風が吹きましたので、春一番ではないかと、石垣島測候所に問い合わせたところ、春分の頃という定義があるそうなので、春一番とは呼べないそうです。また、沖縄ではあまり表現しないとの事でした。

************************************************************


エル・ビー・カヤックTOPへ戻る

ご意見・ご感想をお待ちしております。

●ご意見等は、このページの中で公開していきます。

バックナンバーはこちらから