新・新イリオモテジマ通信


●新・新イリオモテジマ通信は、現在メールにて配信しています。ガイドが西表島での出来事をふまえて、感じたことや想いを書いておりますので、ひととなりを感じていただけたらと思い、過去にメールで配信した記事を掲載しております。

●リアルタイムの記事は、メールでの配信とさせていただいておりますので、配信ご希望の方は、こちらまでご連絡下さい。

************************************************************

新・新・イリオモテジマ通信 vol.4

「西表黒糖」3月5日(木)

西表島の豊かな自然は、人に感動や元気を与えてくれます。西表島での自然体験や楽しかった旅の思い出を通じて、皆様に元気になってもらいたい!私達はそう考えています。

〜エル・ビー・カヤックステーション〜

************************************************************

「西表黒糖」

西表島の特産物といえば、パイナップル、マンゴー、そしてサトウキビから作る黒糖です。ツアーに参加された方から、「西表島のお土産は何を買って帰ったらいいのですか?」という質問を受けます。

「パイナップル、マンゴーは期間限定の食べ物ですが、西表島の黒糖は商店に行けば買えますよ。」と私は答えています。

しかし、冬の始め頃になると何処の商店も品薄状態になる為、新しい黒糖の製糖が始まるまで、おあずけです。2008年12月の波照間島の製糖から始まり、各島々のサトウキビ農家の方にとって、今の時期は大忙しです。

2メーターを越す大きなサトウキビを刈るのは、とても大変な作業となり、多くの人手を要します。キビ刈り(サトウキビを刈る)アルバイト募集中!!の張り紙もこの時期ならではです。

1つの事を成し遂げるために、たくさんの人が協力する精神の事を、沖縄では”ゆいまーる”と言います。機械を使わずに全てのキビを人手で刈る作業をしている農家も、未だに健在です。

先日から、商店でも西表島の新しい黒糖が棚に並ぶようになり、段ボール箱で山済みになっている様子を見ると、旬だなと感じます。綺麗な緑色の袋を開けると、作りたての良い香りがします。

例えて言いますと、大自然を感じる香り?野性的な?刈り立ての芝生のような緑の香り?でしょうか。適切な例え方が見つかりませんが、黒糖を口に入れた時の甘みと香りは、西表島の黒糖!という感じがします。香りが良いのも黒糖の魅力の1つです。

黒糖をそのまま食べるというのは、沖縄の習慣になっていますが、それ以外に料理として使われる事も多いようです。代表的なのが、ラフテー(いわゆる豚の角煮)です。とろとろに煮込んだラフテーの甘さとコクは、黒糖があってこそだと、言っても過言ではありません。

さて、ここで気になるのが黒糖効果です。大自然の恵みを受けたサトウキビには、ビタミンミネラルが多く含まれていて、その成分が濃縮されたのが黒糖です。

黒糖についての専門家ではないので、インターネットで調べてみると、以下の効果があるようです。女性に嬉しい三大効果として、ダイエット、美肌効果、整腸作用があげられます。

その他に、成人病予防、高血圧、貧血予防、コレステロールの低下、骨の強化、疲労回復など、様々な効能があげられます。言い方を変えれば、まとまりがつかない程の効果があり、“良薬口に甘し!”、と言いましょう。

私もツアー中に何度も黒糖に助けられています。脳へのエネルギー補給、そして空腹の抑制に効果大です。無意識に体が欲するものが、黒糖には含まれているのだと感じます。

2009年の黒糖のできは、過去最高の糖度を各島で更新している様子です。西表島の黒糖も平均糖度が16.16度(前期14.36度)とかなり甘いです。2008年の黒糖と味を比べても、その甘さで区別できるかも…(舌の自信がありません)。

そのかわり、2008年の台風の影響で茎の長さが、平均で20%短く、収穫される量少ないようです。上質で生産量の少ない黒糖。今年は商店から姿を消す時期が、早まりそうです。売り切れにご注意。

冬の今の時期、暖かいさんぴん茶と西表島の黒糖の相性はピッタリです。生産量に限りはありますが、西表島の黒糖が、たくさんの方の口に入ればと思います。きっと、やみつきになる事間違いなしです。ご賞味下さい。

ご注文は、川満スーパーへ
TEL/FAX:0980-85-6157


3月5日(木) 木下 篤

次回は、國見祐史がお伝えします!

ご意見やご感想をお待ちしております!info@lbks.jp

************************************************************

■西表島の行事
・3月14日ふれあい野球

■西表島の自然状況
・ヤエヤマボタル発光中!
徐々に見られる数が増してゆく、ヤエヤマボタル。闇夜に光り漂う様子が見られます。
(西表島ホタル観察記 http://lbks.jp/hotaru/hotaru.htm)

・3月4日観察中のカンヒザクラの開花
一ヶ月以上見続けた、カンヒザクラのつぼみが開花しました。このつぼみ、西表島でも遅咲きでした。
(西表島さくら通信 http://lbks.jp/sakura/index.html)

・第一期田植えの真っ盛り
水田に植えられた苗が、北風に揺れています

・イワサキクサゼミの初鳴き(宮古島)
NHKによると、宮古島でイワサキクサゼミの初鳴きが、観察されたようです。西表島ではまだ聞いていませんが、一年で始めに鳴くセミが羽化し始めたようです。

■西表島の本日の天気
・暖かい南風の吹く1日。天候は不安定で、雨・晴れ・曇りが代わる代わる現れる様子は、冬の天気とは思えません。雨にうたれても寒くならないほどの気温と風の暖かさが、不思議でした。

************************************************************

エル・ビー・カヤックTOPへ戻る

ご意見・ご感想をお待ちしております。

●ご意見等は、このページの中で公開していきます。

バックナンバーはこちらから