新・新イリオモテジマ通信


●新・新イリオモテジマ通信は、現在メールにて配信しています。ガイドが西表島での出来事をふまえて、感じたことや想いを書いておりますので、ひととなりを感じていただけたらと思い、過去にメールで配信した記事を掲載しております。

バックナンバーはこちらから

●リアルタイムの記事は、メールでの配信とさせていただいておりますので、配信ご希望の方は、こちらまでご連絡下さい。

************************************************************
新・新イリオモテジマ通信vol.14

5月28日(木)「ユッカヌヒ・ハーリー」

西表島の豊かな自然は、人に感動や元気を与えてくれます。
西表島での自然体験や楽しかった旅の思い出を通じて、
皆様に元気になってもらいたい!私達はそう考えています。
〜エル・ビー・カヤックステーション〜

ご迷惑だとお考えのお客様は、配信をすぐに停止いたしますので、
お手数をお掛けしますが、その旨ご記入していただき、
info@lbks.jpまでご返信下さい。

************************************************************

HPではお見せしないような西表島のローカルな話題を中心に、
皆様が元気になるような出来事をメールでお伝えします。
改訂版、新・新イリオモテジマ通信をお楽しみ下さい!

************************************************************

5月28日(木)「ユッカヌヒ・ハーリー」

梅雨入りして10日ほど過ぎようとしていますが、なかなか雨が降りません。晴れ続きで観光に来られる皆様は嬉しいでしょう。しかし西表島やその他の島々では干ばつで農作物が心配です。

さて、「ユッカヌヒ」とは、沖縄なまりの言葉で、4日の日つまり旧暦の5月4日のことです。新暦、5月27日に海神祭というお祭が西表島の西部、白浜地域で行われました。

この白浜は、古くは炭鉱・漁業で栄えた地域で、海人(漁師)の地域、いわゆる西表島の漁師町です。私達のカヌー・カヤックツアーでも白浜港を使わせていただいていますので、安全祈願をしっかりしてきました。

「ハーリー」は、爬龍船に乗り、競い合う事で安全祈願・豊漁祈願を行います。西表島では、昔は上原地区でも行われていたそうですが、今は白浜地区のみで開催されています。私自身としては、2回目の参加となり、上原青年会として出場しています。

漕ぐ時間は約4分〜5分です。距離にしたら1km弱といったところでしょうか。職域対抗は全15チームが、1レース4組に分かれてます。スタートからゴールまでひたすら全力疾走で駆け抜けます。10人の仲間+白浜の漁師の方が舵取りで一緒に船に乗り協力してくれます。11人がチームとなりタイムを競い合うのです。

この白浜のおじいが怖いのです。後ろから睨みをきかせ、漁師気質と言いましょうか。漕ぐ手を休めようものなら、後ろから怒号が飛んできます。

2007年に参加したときも私ではありませんが、後ろから、「○○!!もっとちゃんと漕げ!(怒)」と複路半分怒られ続けていた人がいました。恐る恐る、宜しくお願いします!と頭を下げると、気合は充分に入りました。

スタートの号砲で一斉に漕ぎ出すのですが、練習もしてない不安からか、スタート直前はみんな緊張しています。いつもの青年会メンバーと一緒ですし、漕ぐ事についてはそれなりに自信があります。力の限りを尽くして漕ごうとそれだけを考えていました。

スタートの合図で、漕ぎ始めた後はあまり覚えていません。それほどひたすら漕ぎました。ここで1つの失敗は、誰の声に合わせるかを決めなかったことです。バラバラでは、進む力は上手く伝わらないのは、カヤックツアーで痛感していた事でした。

それでも前半戦は、2位と好位置についていたそうです。そして問題の折り返しでまさかの失速、こればかりは慣れや勘といった練習や経験の差が大きく出てしまいました。この時点で最下位まで転落してしまい、誰もが意気消沈しかけたその時でした。

前を行くダイバーチームがバランスを失い蛇行を始めました。これはチャンスと相手のミスに乗じて、ここからのスパートは大成功!タイムは、4分16秒でゴールです。復路、後ろから聞こえた声は、おじいの怒号ではなく、ヒロシの掛け声でした。ムードメイカー的存在の彼の声に、みんなの心がひとつになったのです。

1位は優勝候補の東海大チーム、上原地区青年会は2位でゴールです。タイムレースなので、全15チームの結果待ちとなリますが、手ごたえは感じていました。2009年のハーリーはなんと職域対抗ハーリーで入賞3位という結果でした!

並み居る強豪の中、入賞は快挙です!

そしてもうひとつの快挙として、婦人の部で上原婦人会チームが、なんと初優勝をしました。干立婦人会の4連覇を阻止しての初優勝でした。上原婦人会チームは、練習もしていたそうなので、喜びに涙を流す人までいました。

これから1年は、婦人会には頭が上がらなくなってしまった〜(笑)と、お父さん達は、喜び半分に嘆いていました。地域で喜びを共有している証拠に、すぐに優勝報告を公民館長へ電話連絡です。

これは上原地域を優勝パレードだな、と冗談が飛びます。パレードはなくても優勝祝いは盛大に行われる事でしょう。優勝商品40kgのガーラ(ロウニンアジ)を手にする婦人会の面々に拍手が起こります。

優勝おめでとうございました!

仲間とともに汗を流す喜びがあります。地域ぐるみで楽しさや嬉しさを一緒に共有できる地域社会が、今の日本にどれだけ残っているのでしょうか。

人間の心に訴えかける、島の人間の言葉や行動は、地域行事に参加することで、多く学ぶ事ができます。単にお祭りだからと言ってしまえばそれまでですが、それ以上の心のふれあいが感じられると思います。

白浜海神祭の職域対抗ハーリーは、人数が揃い、チームが組めれば、誰でも参加することは可能です。興味のある方は、ご一報お待ちしております。

エル・ビー・チームで参加する事も夢ではないかも!?

■ブログ西表島生活日記でハーリーの様子を
ご覧いただけます。
[http://lbkayak.blog113.fc2.com/blog-date-20090527.html]

5月28日(木) 國見 祐史


次回は、木下 篤がお伝えします!

ご意見やご感想をお待ちしております!info@lbks.jp

************************************************************

■西表島の行事

・船浦中学校炭焼き行事
5月28日
炭材切り出し作業
5月30日
炭材窯入れ作業

・上原小学校60周年記念行事
5月31日

・上原地区連合公民館転入者歓迎会
5月30日


■西表島の自然状況

・梅雨明け予想
6月下旬とされていますが、例年ですと6月23日、
昨年は17日でした。

・アダン
暖かい潮風が当る場所では、実が赤く熟れています。
夜にはアダンの実を食べるヤシガニや大ヤドカリが
見られる時期です。

■6月:八重山の行事

・ちゅらさん祭・小浜節大会(小浜島)
2009年6月27日(土)
主  催:ちゅらさん祭 実行委員会
お問合せ:竹富町観光協会 青年部
0980-82-5445
詳しくはこちらからどうぞ
[http://www.painusima.com/t9tyurasan.htm]

・国際カジキ釣り大会(与那国町)
開催期日:2009年7月4日(金)〜7月6日(日)
申込期間:2009年6月20日(金)まで

お問い合せ先
日本最西端与那国島
国際カジキ釣り大会実行委員会事務局
050-3668-2704
info@town.yonaguni.okinawa.jp
詳しくはこちらからどうぞ
[http://www.town.yonaguni.okinawa.jp/]

■西表島の本日の天気

5月28日(木)
天気:曇り
風向・風速:北東の風8m
波の高さ:1.5m
最高気温:27℃


************************************************************

■西表島フィールドニュース 
http://www.mag2.com/m/0000102257.html

■ブログ西表島生活日記 http://lbkayak.blog113.fc2.com/

■西表島ホタル観察記 http://lbks.jp/hotaru/hotaru.htm

■エル・ビー・カヤックステーションHP http://lbks.jp/

************************************************************

(有)エル・ビー・カヤックステーション
〒907−1541(西表島西部地区)
沖縄県八重山郡竹富町字上原870−116
電話  :0980−85−6660
fax :0980−85−6678
mail:info@lbks.jp
http://lbks.jp

************************************************************

エル・ビー・カヤックTOPへ戻る

ご意見・ご感想をお待ちしております。

●ご意見等は、このページの中で公開していきます。

バックナンバーはこちらから