◆クマノミ日記は星砂海岸に住むクマノミたちを中心に他の様々な生き物、浜の様子などをお届けするサイトです。

エルビーカヤックステーション西表島フィールドニュースヒナイサーラの滝&星砂の浜コースバックナンバー
■可憐で儚いハナビラクマノミ
バラス東10月30日(土)午前10時頃

■2004年10月30日(土)午前10時頃撮影 Yamada

■西表島のバラス東というポイントに潜った時(ダイビング時)に撮影しました。このページでハナビラクマノミをご紹介するのは初めてになります。撮影時の海の状態は、少し流れが強く、何かにつかまっていないと写真をとれないくらいでした。イソギンチャクの揺れ具合からもわかると思います。
■私がハナビラクマノミに対して持つイメージは”可憐で儚い”です。この体の色がそう思わせるのでしょうか?ハナビラクマノミの体の色は、淡いピンクというかピンクがかったオレンジといったところでしょう。他のクマノミと比較してみても体色の違いが良くわかりますよ。Yamda

前のページへ ■・・・クマノミ日記トップページ・・・■ 次のページへ

バックナンバーのページ

■星砂海岸のクマノミたちを、そして西表島の自然を守る

エルビーカヤックステーション西表島フィールドニュースヒナイサーラの滝&星砂の浜コースバックナンバー